テーマ:

わたしの感性

早朝パートを終えてお茶して早めの昼寝してお昼食べて在宅仕事をちょっとやってお茶して 横になって本を読んでいた よしもとばなな「人生の旅をゆく」 旅の話が多くてばななさんの文章からは風景がとてもよく想像できて旅の気分に浸れたりもする で、最近泣き笑いをあまりせず 顔の筋肉が無表情のまま固まってしまっていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自由人に戻った記念の講演会

というのはわたしが名付けただけですが たまたま土星が射手座から出て行ってすぐの今日 予約してあったJTBの講演会へ行ってきた 講師は沢木耕太郎 タイトルは「大きな旅と小さな旅」 今までの人生で“取り返しのつかない旅”といえるのは 16歳の時のJR周遊券での東北の旅と 「深夜特急」に綴られた旅だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の日記 ここ数日のことなど簡単に

先日、旅立ち神社(仙台市)にお礼参りに行ってきた 神社の詳細は↓ http://www.miyagi-jinjacho.or.jp/jinja-search/detail.php?code=310010041 この夏、家族でとてもとても素敵な旅を実現できたことのお礼 と同時に、またこれからも良い旅が何度でもできますよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うまれかわりのたび  umarekawarinotabi  ウマレカワリノタビ

正解は 「生まれかわりの旅」 出羽三山の旅のこと 気の研究と同時に社寺 神仏への興味も深まる今日この頃 行ってみたいなと思う出羽三山 生まれ変わりの旅 羽黒山にはかなり以前に 湯殿山は昨年に 行ったことがあるけれど 現在過去未来に見立てられた三山を順序良く巡ると生まれ変われると言われているそうだ なのでちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族プラス親戚旅行 とても良い旅だった

昨日から一泊二日の旅に出て今日帰宅した 母の誕生日祝いと母の生家の墓参を兼ねての短い旅 行き先は山形県の庄内地方の山の奥と海辺 雨の予報は二日ほどずれて猛暑ではあったけれど二日とも晴れた 一日目は母の生家のある山奥の村で墓参の後 酒田の本間美術館で庭園と歴史的建造物を見学し 超話題の加茂水族館でクラゲを観賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お参りの効果?

来月、家族旅行の計画がふいに決まった 家族の都合もあい運転してくれる親戚もタイミングよく現れ宿のいい部屋も格安で予約が取れ 何の無理もなくすんなりという感じで決まるのはめったにあることではない 来月は母の誕生日もあり同時に母の兄弟の命日もあり墓参りも兼ねてということになりそうだ そんな旅行の計画を口に出したのはわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の日記 ミニ旅帰宅

先日の日記で旅を愛する人のことを語りつつ自分はまるっと友人との観光旅行 今日という日がどういう日なのかを知っていながら普通に過ごしてしまった 贅沢にもグリーン車に乗って帰ってきた JRのえきねっとトクだ値で35%オフだったから自由席より安くグリーン車に乗れたのだ 一日目は友人と再会同行し 向こうに住んでいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の日記 わたしは何を

バイトからの帰宅時いつものチャリンコで信号待ち 対面にも自転車 何やら前にも後ろにも荷物が括り付けてあり長い旅を思わせる風情 髭の生えた年配の外国人男性がちょっとイラついた雰囲気で信号が変わるのを待っていた 目を合わせないように全貌を観察してしまう自分 どこからどこへ向かうのかどこの国から来た人なのか興味津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうとうきた

昨日の夜 奥歯の詰め物が取れた 土日だから歯医者へはまだ行ってない 明日飛び込みで行く予定 なるべく抜かない方針の歯医者をネットで探した 左奥歯なのでそちらを使わないように右だけで食べ物をかむ 右奥歯はもうずっと前にひびが入っていたのを知っていて放置 だから右側もいつどうなるかわからない状態 右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもと違う昨日の風景

霊域の空 ご開帳の寺のある地域の夕暮れの空と飛ぶ白鳥と蓮の池 いつもならこの池に白鳥が休息に来るらしいけど今日は他の場所へ帰って行った ああ、そういえば満月の写真が無かった、残念 北の大地へ 2017 カレンダー 壁掛け 風景 【直営店限定ポスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもと違う一日 満月前のもりだくさん

隣県の友人に会いに行った どこ行きたいとのメールに答えた霊域へ連れて行ってもらうことになっていた 一路向かった山の奥 途中の道の駅でお土産を買いこみ 友人は私への土産にと山野草の寄せ植えを買ってくれ 霊域へと向う前にまず腹ごしらえと地元の山の茸たっぷりのそばを食べ 初めて行く霊域で裸足になって珍しいお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

占いで気になった内容とか昨日今日の出来事とか

私の宿命は・・・広い世界に出るという行動をして得た知識や体験を多くの人に伝えること・・・だそうで そのことでだれかの視野を広げたり、新たな知識を授けたり、新たな冒険に出かけたりする人もいるのだとか ただし興味の対象がすく変わり、広く浅くなりがちなので、一つを深く充実させることが大事だそうだ で、ちょうど昨日今日もで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の教訓

「自分が安定しないと人のために何もできない」   確かに。 こりもせず 今日も遊んでしまった 長年お世話にいなっている神社へ初詣  近場だろうがなんだろうが 旅することは やめられない 命より大事な いや 命が大事だからこそ一番大事な 飯をそっちのけにしてまで 旅する衝動を抑えられない でも 極めてな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナイッチャイナ! (チィ)

チャイナ不信感シンドローム? 食品添加物よりも、 農薬よりも、 汚染よりも、 扉が無いと思っていた(実際はすべて日本のより美しい個室だった!)トイレより 怖いものがあった。 それは・・・ 恐怖の土産店めぐり 製造工場見学、国営施設見学の後にはお決まりの執拗な販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナイッチャイナ! (リィウ)

恋しい人の気配。 現実には会うことのできない遠い過去の偉人。 この旅でのひとつの目的は、ミーハーだろうがなんだろうが、三国志の重要登場人物であり、人生最大の理想的人物である諸葛亮さまの木造あるいは陶器の置物を自分のお土産にすることだったのですが、最後まで出会えず。 縁が無いのだろうとか、中国でのブームがとっくの昔に過ぎ去っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナイッチャイナ! (ウ~)

寂しさの理由。 気が合うわけでもない、ただ偶然同じツアーに参加しただけの数組の他人と4日間毎日昼と夜、同じ円卓でご飯を食べました。気まずい空気も何度あったことか。 朝から晩まで24時間×旅行日程、親友といえどこれほど一緒にいたのはお互い初めてのことでした。 しかも、一人旅に慣れ、妹とでさえ気まずくなることが多かったマイペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナイッチャイナ! (スー)

帰国後の気持ち。 ひとこと 「寂しい・・・」 なんだかとっても寂しくて、なぜかシルク会館でパジャマの代わりに買ったCDと、帰りの空港で買ったCDを聞きながら、高いんじゃないの・・・と思いつつ買った安い茶器で、ツアーで連れ込まれた町外れの店でぼったくられたかもしれないジャスミンティーを何杯も飲みながら、ほぼ強制的に買わされた集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナイッチャイナ! (サン)

チャイナ、すなわち中国へ、 私はなぜあんなにもこんなにも行きたかったのか。 水滸伝(中国TVドラマ)に夢中になったから。 三国志(中国TVドラマ「三国演技」)に夢中になったから。 最大級の理想の人物、諸葛孔明様と出会ってしまったから。 毎晩見続けたそれら物語の登場人物たちが、いつしか、ひとり飯暮らしの私の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナイッチャイナ! (アル)

約一週間、国を空ける・・・ 誰にも言わずだまって行くわけにもいかないよなぁ・・・・ いくらひとり飯暮らしでも・・・ というわけで、一週間前くらいからぼちぼちと友人数人にメールやmixiでお知らせしました。 ちょっと行ってきますてな感じで。 堅実路線の友人はびっくりしつつ、生声電話までくれて説教したげな空気感を隠しつつ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナイッチャイナ! (イー)

行っちゃいました。 チャイナ。 事後報告です 人生数度目の海外です。 何度も方位が良いからといくつかの国への旅を計画しては断念してばかりでした。 今回もなんちゃって気分半分で友人を誘いました。 行きたい気分は限りなく100%に近いものでしたが。 お誘いメールのお返事は・・・ 「いい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅をしてきた 台風上陸前にちゃんと帰ってきた

4日前、無職に戻った1日目。 朝から夕方までパソコンの前で同じページを開いては閉じ、閉じては開き、ぐずぐずぐずぐず、行こうか辞めようか汗かきながら迷い続けた。 で、今日という日のぎりぎりに目的地に到着できるぎりぎりの時間に宿をネットで予約して、大急ぎで着替えして、駅へと向かった。 もう、お金は気にしないことにして・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ううう・・・

過酷な日々を送っている・・・ ガテン系の仕事。 いちおう扱ってるのは花だけど。 時給800円。 通勤座れない電車1時間。 炎天下歩きで20分。 においのきついトイレで上だけ着替え。 汗だく。 外反母趾とすべり症の腰骨が悲鳴をあげている。 なりたての上司が・・・頼りないのにきつい・・・相性が全く合わない。相手にとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い蘇る

ネットで古本を注文したのが届いた。 一日また部屋にこもってPCの前で過ごす。 一旦外出すると、交通費やら食費やら1000円札が飛ぶように出て行くから、軽い散歩くらいした方がいいのだけれど、仕事と特別な用事などがないと1歩も出ない日がここのところ多い。 昨日は面接のあと温泉町を歩き、いつもの穴場的安い定食屋で煮魚定食を食べ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おや・・・・?

あたしゃ浦島太郎にでもなってしまったか・・・・? 日記さぼってた。 というか、2日くらいはご飯のあと床に転がって朝になった。 他はくたくたでモチベーション低くて何も出来なかったのか、あるいは何かに心追われて余裕がなかったのか、ただただ暑さに参っていたのか、記憶はさだかではない。 さほど気にしてないつもりだった。 が、ふと気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだかいろいろ・・・

いろいろ、なんだか、捨てたくなっている。 ふいに思い立って靴を磨きながら、履いていない民族風サンダルや直せばまだ履けそうだけど歩きにくい靴などを捨てることにした。 キッチンの西日を集めて暑苦しい生成りの手作りカーテンも捨てた。 かわりに紺色に花柄の、暗いけど涼しげな、もう着られないワンピースを切って日よけにした。 夕べは一昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このたびの旅にて

ずっとなんとなく手放せずにいた、子供の頃いつもいっしょにいたうさぎのぬいぐるみと、過去の人が買ってくれた、目つきの良くないクマのぬいぐるみを旅先のお寺に預けてきた。 大晦日に供養されるとのこと。来られたらお出で下さい、と。何の縁も所縁もないはずのお寺を選んだのは、ネットで検索して見つけたから。 今年の大吉方位の吉日。実家から最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語が始まる・・・か?

先週、一冊の本を買った。 ネットで中古のを安く買った。 「僕の書いたあの島」 片岡義男 旅の友にするために選んだ。 その本を選んだのはほぼ正解だったと思う。 海辺の町に暮らしながら、わたしは海を忘れてしまおうとしていた。 海とともにずっと大事にしていた大切な何かも忘れかけていた。 もしかしたら、身体の不調も、その欠乏に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「寝物語」・・・道の上・・・・

あてもなく走った道の先はいつだって見えなかった。 目的地も特に無かった。 だけど走っているそのときのその場所がわたしにとって最適な居場所だった。 命あること、 止まることのないエンジンと心臓の鼓動、 太陽の光の暖かさ、 心地良い風、 すれ違う旅の人、 幻のピースサイン、 長距離トラックの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春待ちの空虚な静寂 / 吉方ミニ旅

春の前が一番寂しいかもしれない。 送迎バスから見る都会のそばの広大な土地のある地方の殺風景な車窓の外を眺めながら思う。何もかもが静寂で、地底下とか樹皮の下では莫大なエネルギーが噴出のときを待っているというのに。 これはもう、趣味と実益と依存と信念であるからして、もう、曲げるつもりも、どんなに貧困でもできうる限り、信念が消滅するま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分へ 警告 ・ ちいさな旅

左眼の奥が痛い。 ずっとPCやっててもぜんぜん平気・・・・なんて語ってる場合ではない。 身体の悲鳴をちゃんと聞いてやらないと危険だ。 とは言いながら・・・足腰の痛みがここ数日またひどい。 CMじゃないけど・・・・・どうするんだ!?オレ! まったり、つるつる。ブドウ畑の中にぽっかり湧いた温泉へ。 表面にはやっぱり皮脂のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more