映画「羊と鋼の森」を見た

全体にわたってピアノの音が流れているので心地よい

ピアノの曲の背景にときどき森の映像も出てくるので視覚的にも癒されるかも

物語としては森で生まれ育った青年が調律師を目指す過程で起こる様々なドラマが展開される

派手さはないし苦悩もあるけど穏やかで優しく描かれるストーリー

偶然の出会いによって自分が目指す道を見つけた青年

子供の頃から続けているピアノで将来を生きようと決める少女たち

家族を失って最後に残された希望がピアノだった青年

色々な思いから調律師になった師匠や仲間たち

様々な立場でのピアノとの縁が物語られる

芸術や文化って知識や経験より自然などとの深い関わりから本当の素晴らしさというか感性が生まれるものかもしれないと教えてくれる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント