ここ数日で見た映画

「ジョーカー」「ボヘミアン・ラプソディー」などを見た


「ジョーカー」は人に勧められていたりして興味があったけど闇が深いとも聞いていたので今まで見なかった

無料動画で見たい映画もドラマも無くて初めてレンタル料金を払って見た

なかなか重たいテーマの内容だったけどラストは妙にいい気持ちになれた

ブラックな世界でもヒーローになれるってのは悪くないのかも

そもそも善と悪の区別は立場によって変動するものだとも思ったし

そもそもジョーカーが最初にころしたやつらは少なくともあの場面では悪でしかなかった

善と悪はお金のあるなしでも決めつけられてしまう面もあるのだなとも思った

リッチだから悪者とはされないやつら、弱者を痛めつけるやつらをやっつけるという意味ではジョーカーはやっぱりヒーローかもしれない


「ボヘミアン・ラプソディー」は期間限定で100円レンタルになっていて二日続けて二回見て泣けた

一度見たとはいえ記憶にない場面やセリフがあったりしてほぼ見入ってしまった

一日目に見たときはなぜあんなに劇場で泣けたのかと不思議に思ったけど二日目に見たときにはまた泣けてしまった

単純なストーリーにも思えたし話の流れは既に分かっているのに舞台のシーンなどには何度見ても感動するのだった

表舞台の裏にあった数々の出来事を知ってから見るステージや歌詞には深い意味を感じられてやはり泣けてくるのかもしれない

最後にフレディと生涯を共にしたジム・ハットン役の俳優がものすごく優しそうな表情をしているのも印象的だった

いいパートナーと出会えて、いい仲間と一緒に過ごせて、人のために素晴らしい作品を作って残せたフレディは幸せだと思う

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント