ほんのささやかな日記

今夜は美味しくご飯を食べながらいつものように動画で映画を見た

今夜の映画はパトリス・ルコント監督の「ハーフ・ア・チャンス」

アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが共演していると知り

あまり期待しないで見たのだけど思ったよりずっと面白かった

二人ともかなりのご年齢なのだろうけどけっこうハードなアクションをやらされてて

ストーリーよりそっちのほうがドキドキハラハラしてしまったけど

余裕の笑顔で爆弾のスイッチを押すシーンなんて素敵だった

あんなに年をとっても二人ともカッコよくて魅力的で演じているのが楽しそうで見ていて好ましかった

先日見て良かったなと思った映画のことをまだ日記に記していなかったんだけど

それはロバート・デ・ニーロ監督出演の「ブロンクス物語/愛につつまれた街」

いつもなら悪のボスはデ・ニーロの役なのにこの映画では善良な一般人を演じている

悪のボスもデ・ニーロ演じる父親役もどちらもカッコよくて

息子も悪の世界に足を突っ込みながらも純粋で素直に大人になって

これまた良い映画だった

面白い映画を見られた夜は幸せを感じるな~

名優とか名監督の映画はやはり良いなあ


今日は最高気温零度の中歩いて図書館へそしてハローワークへ行ってきた

ここのところ歩くことが苦ではなくなったのがちょっとした変化

いままでなら自転車でしか外に出かけたくなかったのだけど

で、今日は小さな出来事があった

激寒の外から逃れて地下道を歩いているとき人に道を尋ねられた

まさに松山千春???という感じの頭からつま先まで千春あるいはヤのつく種類の人系

真っ直ぐ行けば大丈夫ですよ~と適当に教えたわたし

チョッピリ関西系の訛のあるその人は何度も振り返って急いで歩いて行った

それだけなんだけどなんとなく面白い出来事だった

図書館ではブレッソンの本と村上龍の本を返却し

新たに村上龍「すべての男は消耗品であるVol.6」と飯沢耕太郎「フォトグラファーズ」を借りてきた

土星が去ってからのわたしにちょっとした変化が続いている

徒歩で街へ出かけるようになった

村上龍がまた読めるようになったしかも読もうともしなかった「すべての男・・・」シリーズを


今夜のおかずはニンジンスティックサラダ・アジのから揚げ・たくあん・納豆・大根とジャガイモととろろ昆布の味噌汁・つぼみ菜のおひたし

明日はスーパー・ブルー・ブラッドムーンどこで見ようかなあ見れたらいいなあ

昨年の仕事の上司であり友人である一人と食事の約束もあるんだけど満月月食見たいなあ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック