ちょっとだけ叫び 救いの占い

に”ゃー!!rassera~rassera~
とでも叫んでおかないと、早くも神経衰弱気味・・・
朝も夕も電車の人身事故の文字がホームの頭上の四角の中を移動していく。
昨日もだったよ確か・・・わたしより大変な人がいっぱいいるんだ。あっちこっちに・・・

今日は図書館お休み。カフェでぼけぼけ、
ハローと街と本屋とリサイクルブック屋でこってりと情報収集。
が、足が痛くて集中できず・・・・

やっぱり私は自分で何かを始めたい。
手にとって食い入るように読んだのは女性起業家の本だった。
先日夢に現れた厳しい女性はこれから出会う女性かもしれない。

やたら時間つぶしのために本屋の全部の棚を舐めるように眺め、
ハローで見かけた作家さんの秘書の仕事が気になって作家の作品を探し、
笑顔で並んだ江原さんの絶対儲けてるに違いないと思われる本の数々に足が止まり、
絵本のような夢占いをめくってみると・・・・・

夢に現れる見知らぬ人物は未来に出会うソウルメイト、この世ではないところでつながっているソウルメイト、または近い将来出会う人物かもしれないと書いてあった。

ソウルメイトを検索していて、
なんだかとっても自分を肯定できそうな星占いを偶然に見つけた。
ジョナサン・ケイナーの星占い。リンクしとこう。

(以下要約)
今週の分:どんな問題に直面していても、宇宙から幸運な影響が及んでいる・・・何もしなくていい。効果がなかったら、ほとんど何もしないでください・・・って。(→オー!それならできるぞー!)

先週の分:真の成功を達成するためには「いい気分」が欠かせない大事なこと。事態が順調に進んでなくても「いい気分」を保つこと。空虚な勝利を追いかけても仕方ない・・・って。 (→あらら、その通りにしてました。おふろでまったりしてました。知らず知らずのうちに星のメッセージに従っているのでしょうか・・・わたし???意味違う???)

どうして世間が占い占いってさわいでるのかとってもわかったような気がする。
現実がどうにもならない時、お先真っ暗な時、何よりも占いが光になったり、心の不安や闇を払ってくれたり、もやもやした不安をはっきり教えてくれたり、元気をくれる。
特に現実世界に何も見出せない時、見えない世界、不思議な星との縁で語られる占いは根拠がはっきりわからないからこそ、なんだか信じてもいい気持ちになれるんだろう。

わーい、単純に元気になれた。ありがとう、ジョナサン。
それにしても、孤独が滲み出てきたか?・・・・ひとり飯。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック