天気の変化 心境の変化 大地の変化

雨、風、雷、暖かいとはいえない気温。
目覚めると体調のせいか全身汗ばんでいた。・・・あ、ビールのせいか?
気になっている母のことを夕べ妹に託した。
妹は運気アップのための引越しを決行した。
日が完璧に良くはない・・・・と忠告したのも無駄。
強行突破。勢いがあるから、たぶん平気だろう。

彼女の場合、地方都市とはいえ時給700円代で少ない休日、
決して良い条件とはいえないとある仕事に就いて2年が過ぎた。
ちゃんと蓄えてきたんだ。気に入った良い洋服も少しずつ手に入れて、
とにかく、忍耐と努力と素直な気持ちで働き続けてきた。
今、仕事関係の資格をとるための勉強会も始まったらしい。
1歩ずつ、着実に何かを手に入れて、地に足のついた人生を歩んでいる。
正直、恥ずかしい話をさらしてしまうと・・・・少し、嫉妬。やだなあ。


今までの自分の行動を振り返る。
1人自由気ままに東へ西へと走り出し、行くあて告げず、帰る予定告げず
家を飛び出しては、ふいに黒い顔でぎらぎらした疲れた目で帰っては数日寝て過ごす。
そんなことを繰り返していた20代の頃。母は私を「ふうてんの女とら」と呼んだ。
故郷を本格的に出たときも、言葉少なに決定した事だけを告げて飛び出した。
引越しのたび、資金を借り、横浜だ、海辺だ・・・・と田舎の人間の憧れの地を転々とした。
移動を繰り返す原因が楽しみの追求ではなかった事をうまく説明できないけれど。

きっと、歯軋りするほどうらやましかったりしたんだろう。
傷み続ける古い家を飛び出すことも、好きなところへ自由に出かけて暮らしてみる事も
この先の素晴らしい棲みかの想像もできない母の心境を・・・
遠くで暮らす事、都会へ出て華やかな街や仕事を夢見たことも、海辺で暮らしたいといつか言っていたことも、母に泣きつかれて家を出ることも不自由だった妹の心境を・・・
想像すると、嫉妬などと・・・罰当たりだ。


働くのが嫌なわけではない。
ただ、がまんと苦痛が多くを占める職場でどれだけ継続が可能なのかという問題だ。
忍耐が無い、わがままだ、だけで済まされないものが確実にこれまでの仕事場にあったことを黙視する必要はない。痛みは身体にストレートに伝わってしまうから。
ただ、生活、追われる支払い・・・・貧乏悪循環コース運行中。
早急に、じっくりと進路変更必須。


明日は仕事探し中の一人暮らし仲間へビールと食料の差し入れにでも行こうかな。
傷の舐めあい、愚痴りあいはしないように。
前進への刺激と、新しい人種の新しい生き方について何か新しい発見でもできるように。
というより、お互い追い詰められつつある心境を開放させるために、のんびり過ごせればいい。


地震はこの先どうなるのか。凡人の私には予測できない。
過去の予知を省みれば、いよいよ大地震。震度5も4も予定通りの余震に過ぎず・・・
さて、問題は、どこが中心になるのかだ。
揺さぶられて、もろいものが倒れて落ちて崩れて、運が良ければ汚れて数日生活に不便するだけで済むのか、死ぬほど辛い思いをするのか否か・・・

今こそ第六感の出番だな。どうよ。どんな感じ?聞いてみても六感さまは答えない。
どうでもいいから、寝てしまおう。
目が覚めなけりゃ、それはそれで、いいんじゃないか?
開き直り。夢のお告げは、たぶんおそい。
お告げに気付いて目覚めた頃には、瓦礫の中かふわふわの雲の上?


「お嫁にいきなさいよ。あんた。」妙なせりふの言い回しが、やけに耳に残っている。
夕べのTVドラマ。そんなもんかな。別世界の出来事だ。寝よ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック