テーマ:大統領の執事の涙

映画「大統領の執事の涙」を見た

いい映画だった 人種差別という重たいテーマを扱いながらも暗くならず、重たくならず、深刻になりすぎず 悲劇の部分ではなく大統領の執事とまでなった栄光のセシルの人生が柱となっていて 見ていて暗い気持ちにはならなかった 執事のセシルはカッコよくて波乱の人生でも落ちぶれることなくプライドを持って胸を張って生きていて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more