テーマ:村上龍

夏のご褒美

久しぶりに本を買った とはいえ中古 文庫化を待てず単行本を買った 新作発表からずっと読みたかった作品 久しぶりの村上龍 アマゾンから昨日届いて今日お茶の時間から読み始めた ひさしぶりに読んだ村上龍作品は ひさしぶりに私の大好きな村上龍作品の流れを受け継いでいて デビュー当時から続いているテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JMM 抜粋 大好きな村上龍の言葉

ここしばらく深夜の夜食のおかずにGao動画で中国と韓国の歴史ドラマにはまっていて、ブログもメールもアンケートポイントゲットもみんなおこたっていて、今日の休日友人と近場に藤の花を見に行って夜は少し時間の余裕ができたから、たまりにたまったメールチェックしていてふと読んだ。村上龍さんの言葉。ああやっぱり大好き村上龍。というわけで抜粋してメモし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだかへんだ

はやりじゃないけど空気が読めない。 やめたんじゃないの・・・・とうっすらと聞えたような気がする朝。 その反面、数人が妙に優しい。言葉を積極的にかけてくれる。 ??????考えるな。素直に受け取ればいい。 嫌われ者だとしても、だったらなんで数人は優しい? なんだか変だとは思うけど、空気がやっぱり読めない。 読まなくてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深いところで自己肯定

やっぱり村上龍の言葉に帰る。 どんな言葉より、村上龍の言葉は100%天然のミネラルウォーターのようにわたしの中にすんなり入っていく。 たぶんそれは、嘘偽りのない現実で作家の生の言葉だからだと思う。 そしてどん底に突き落とすだけでなく、そこから這い出す見えない方法を共に試行錯誤していこうとしているから。 知ったかぶりではなく、わか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞き続けていたい音はまだ思い出さないけれど・・・

チリンチリンと入り口の風鈴が鳴る。 ガラス戸の前にはお客さんが立っている。 この店では、店主とお客さんの1つの決まり事になっているらしい。 ガラス戸には鍵がかけられていない。 誰も自分で戸を開けて入っては来ない。 外は雨。 昨日までと違って、長袖2枚と靴下を履いても、 心が浮かない肌寒い一日だ。 ・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上龍の中の音楽

今読んでいる本の中に出てくる、 聞いてみたい曲をメモしておこうと思う。 壊れた女が男に教えた曲。 雨音のようなピアノの曲。 ベルクの「ルル」 JAZZを好むようになったのは10数年前から。 ピアノの音を心地良く思えるようになったのは ほんの数年前。 音楽はもっともっとたくさん 自然環境と同じように豊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記お休み * 村上龍は海

少しの間、自分の部屋ではないところで過ごす事になった。 今夜は用事があって部屋に戻った。 向こうではPCが自由に使えない。 ゆえにしばらく日記ではなくなる。 猫の檻に入っているわけではない・・・ 庭をさ迷い歩いているわけでもない・・・ ここ数日、村上龍を読んでいる。 文庫とはいえ、開いているページの文章をちらりとで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあて・・・そろそろ本格的にお掃除すっか。  進め霞の中へ

何があっても、 失敗しても、 間違いだとわかっていても、 危険だと知っていても、 前に向かって進んでいこうという気持ちが  桜咲く春だというのに寒くて暗い職場にいて、 かわいらしく笑いながら、 上司もその上の社員もいるというのに 会社の悪口まで平気で語る、 盛んに明るく楽しく話しかけてくれる年下女の子を見ていて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どん底でしか見えないもの 一瞬の奇跡

”ボロボロ”について思い出したこと。 いつかもブログで言ったかな・・・ ボロボロのどん底でしか出会えない出来事があるってこと。 10年ちょっと前、望まずしてボロボロで心も生活もどん底で、 いつ心が壊れても、事故かなんかで死んでもおかしくなかった頃。 どうなってもいいや・・・・なんて、居眠り運転とかしてた頃。 往復12時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知りたい事は村上龍 なりたい自分も村上龍

村上龍になりたいわけではない。大好きな作家ということ。読み続けないと渇きを覚えるような作品を書いてくれている。とはいえ、まだほんの少しの作品しか読んでいない。自分のものとして手に入れて読みたいから、買えないうちは読めないと決めている。ブックオフにもあまり出てこないし。けれどついに村上龍欠乏性となり図書館へ行った時ついでに借りてきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more