夕べは「千年の恋 ひかる源氏物語」を見た

印象が残っているのは天海祐希演じるひかる源氏と数々の女優の濡れ場シーン

正直いってあんまり見たくなかったかも

美しい女優さんがたくさん出てきて全体的には美しいのだけど

一番美しかったのは大御所の吉永小百合様でした

流石です

紫式部という人は男性の本質をよくとらえている人だったのだと思いました

愛する女性がいてもいなくても美しい魅力的な新しい女性を追い求めて手に入れたいというのは

現実に行動に移すか移さないかの違いはあれど昔も今も変わらない男性の本質だと思います

松田聖子の歌は必要だったのかどうか疑問

天海祐希の演技は柔らかいながらも男性的な面がちゃんと出ていて流石元宝塚女優だなという感じです

吉永小百合と天海祐希の新しい映画も見たいです

"夕べは「千年の恋 ひかる源氏物語」を見た" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント