神様のお出まし

今日は友人の会社のお手伝いの日でバス通勤

田んぼのあるような長閑な街でバスを降りるとどこからか御囃子が聞こえてきた

角を曲がって会社方面へと向かうと前方にスピーカーを付けたワゴン車と

その後ろに色とりどりの飾りを付けた軽トラがゆっくりと進んでくる

人が立ち止まっているところで軽トラは止まり御幣が降られているのが見えた

お祭りだ!

先週あたりから街角に八坂神社と書かれた赤い旗が建てられていて気になってはいた

バスを降りたそのタイミングに祭りの行列(たった二台の車の行列だけど)に出くわしたのは

神様の粋なおはからいかとも思えるのだった

神様の方からおいでいただけるなんてなんと幸せなことか

軽トラが進みすれ違ったときに振り返ってみると

後ろの荷台に御幣を持った神主さんがちょこんと斜め座りしていた

普通なら子供の小さな御神輿が後に続いてわっしょいわっしょいと聞こえてくるのだけど

この街のお祭りは軽トラに御神輿を載せて移動しているらしい

それはそれでほのぼのとしていたからいいか

朝から良い日になった

先日ネットで調べた八坂神社さんはとても小さくて

よそ者がお参りに行けるような雰囲気ではないなと思ってしまったのだったけど

神様の方からいらしていただいた

八坂神社の祭神は素戔嗚尊とのこと

神仏分離以前は牛頭天王だったらしい

いずれの神様仏様にしてももう少しの間よろしくお願いいたします

事務のお手伝いはあと少しで終了することになったのだった

次の仕事は適職を天職をと願いたい






猫の神様 (講談社文庫)
講談社
東良 美季

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 猫の神様 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




"神様のお出まし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント