リアルな夢だった~

夕べの夢

ハーレーに乗って仲間と走っていた

その乗り心地が妙にリアルで

そんな夢を見たのは初めてだ

というか今まで少なくともここ10何年バイクに乗る夢を見た記憶はほとんどない

乗り心地がリアルだったとはいえ知ってんの?どんな乗り心地か

それが、知っているのだ

まだ10年は経っていないと思うけど人生で単車に最後に乗ったのがハーレーだ

とはいえそれぞれ5分程度の試乗だけど2種類のハーレーに乗った

新しいタイプの軽そうなハーレーといかにもハーレーらしいどっしりとしたハーレーと

ふっくらとしっとりとした座り心地(現実は違ってたかも?)で軽快に走っていた夢の中

吹き抜ける風の感覚もあったような気がする

昭和の時代にいたような革ジャンとごついブーツのいかした仲間たちが後や前を走っていた

行った先は海岸だ

バイクを下りてやけに高い岸壁の柵の外側に立って砂浜のある海岸を見ていた

落下すれば無事では済まないかなり高い岸壁

その後は野外パーティーか何かの準備でなぜか花を選んでいた

そんな夢

昨日はみごとな満月を見た

満月の夜のリアルな夢だった


で、朝布団を出てすぐに発見した不思議な現象

右手の親指の付け根あたりに2センチほど離れて小さな赤い点がふたつ

ひとつからは血がにじんでいた

爪でひっかいたようでもなく、まだ赤切れ状態にもなっていないのに

何なのかわからないまま

今も小さな赤い点がふたつ


夢占いでバイク、海岸、花と検索してみたら

なかなか良い結果が出てきた

ほんとだといいなあ

"リアルな夢だった~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント