親孝行旅行

2年前、はじめての親孝行旅行を実現した。
実家から車で2~3時間ほどの山のふもとの温泉。
リーズナブルなホテルに1泊&高原ドライブ。

とっても楽しかった・・・とは言えない。
ぎこちない母娘関係には長い歴史があって、なかなかお互い素直になれない。
2人きりでそんな時間を過ごしたのも子供時代以来、初めてだったし。
安かっただけあって、部屋もお風呂も全体の雰囲気も特別いいところはなかった。

思い通りに行かないことに不機嫌になりつつあるわたしと気を使い始めた母。
翌日は母の希望で近くの高原をドライブした。
そのあたりにイングリッシュガーデンとカフェがあるらしいからと。

あいにくの天気で霞のかかったその庭は、だけど幻想的で美しかった。
ガーデニング、植物、花、好きなのに道に進もうとせず、そんな自分を振り返ったり、1人で生きているとはいえ、いまだ道に迷って不安定に歩いている自分を思う母の気持ちを思ったりしながら、感動と混ざりあって涙がこぼれた。

母は立派でおしゃれで、もう、いろいろ体験してきて、動揺しない。
そんな母を花をバックに何枚か写真を撮った。
天気のせいと植物たちの作る影で光が足りず、ぼんやりした暗い感じの写真ばかりだった。

悲しくなって、デジカメ付属のソフトでトーンを変えたり、色塗りみたいな加工をしてみたけど、うまく出来なかった。あの日の微妙な思いと、暗いグレーのトーンが思い出にマイナスのイメージを残してしまう・・・・・


デジカメは誰でも簡単に写真が撮れるしパソコンで簡単に加工できるけど、満足できる仕上がりはプロの技に頼らないとなかなか難しい。そういうことがWEB上で簡単にできるらしい。しかも無料?
凸版印刷さんが運営している「いい色.jp」では、デジカメ写真をいろいろ加工したり、撮影方法や、色についての情報が得られるとのこと。

グレーの植物をバックに、グレーのファッションでぼんやり写る母の写真を加工してみようかな。思い出をきれいな花たちの色で蘇らせたい。
次の親孝行旅行は原色の美しい思い出が作れるといいな。
実現はこれからのわたしのがんばり次第。なんとかしなきゃ。

"親孝行旅行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント