映画「ベスト・オブ・メン 〜人間の最高〜」を見た

絶望を希望に変えた医師の話 重症でほぼ全身が麻痺している患者ばかりの病棟へ赴任した医師 患者の口癖は死にたい殺してくれという苦痛の叫び 死ぬのを待つだけの病棟から生きる気力を取り戻すための治療を始めた医師 諦めや悲嘆を打ち消して欠けた部分に執着せず残された部分で十分に生きていくこと リハビリにスポーツを取り…
コメント:0

続きを読むread more

映画「大統領の執事の涙」を見た

いい映画だった 人種差別という重たいテーマを扱いながらも暗くならず、重たくならず、深刻になりすぎず 悲劇の部分ではなく大統領の執事とまでなった栄光のセシルの人生が柱となっていて 見ていて暗い気持ちにはならなかった 執事のセシルはカッコよくて波乱の人生でも落ちぶれることなくプライドを持って胸を張って生きていて …
コメント:0

続きを読むread more

映画「ビューティフル・マインド」を見た

こういう展開だとは全く思わなかった。 天才数学者ジョン・ナッシュの実話(?) 途中まではサスペンス的な歴史物語なのかと思って見ていた。 途中から一転して物語は病気の闘病記録となった。 統合失調症は人生が終わってしまうような病気だと思っていた。 彼の場合は幻覚を幻覚だと気付いて無視する努力をし続けた。 …
コメント:0

続きを読むread more

映画「ピザ!」を見た

軽いタイトルだけどけっこうテーマは深い。 高級料理扱いのピザが食べたくて一生懸命働くインドのスラム街に住む兄弟。 ピザを買うお金を貯め、ピザを買いに行くための洋服も買い、いざ店へ行くと店主に殴られてピザも買えない。 家に帰ってみればお婆ちゃんが死んでいて、お金は足りない葬儀代にと兄ちゃんはポケットから出す。 悔し…
コメント:0

続きを読むread more

映画「最強のふたり」昨日今日

夕べは友人との電話で途中まで見て中断 続きを見ている 一言でいうと介護の映画 でも重くない こんな風な介護ならされるほうもするほうもいいんじゃないかと思える 笑えるし でも誰にでもできることじゃないし やはり映画なのだと思う あくまでも理想だ と思ったら実話に基づいているという …
コメント:0

続きを読むread more

今夜の映画「ソウル・パワー」

明日はお休み 休日前のリラックスタイム コンビニの缶入りスパークリングワインとサラダと薫製牡蠣の缶詰とポテトチップスと苺 映画を見ながらちびちび飲む 「ソウル・パワー」 ブラック・ミュージックの大御所たちがアフリカで演じた「ザイール’74」という音楽の祭典のドキュメンタリー映画 音楽を聴こうと思うと物…
コメント:0

続きを読むread more

映画「ブルーに生まれついて」を見た

ジャズトランペッター、チェット・ベイカーのお話 麻薬と女性とトランペット でジャズ 麻薬の売人に暴力を受けてトランペットが吹けなくなって落ちぶれるけど 辞めない諦めない ちいさなピザ屋での演奏やアルバイトを続けて再び才能を認められていく ずっとそばにいてくれた彼女や支えてくれる人もいたけど 麻薬…
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画「真珠のボタン」を観ている

コロナには飽きた ストレスももうすぐマックスになりそうだ やはり映画を見よう で、寝る時間までちょうど良さそうな長さのドキュメンタリー映画を見ている 「真珠のボタン」 南米ドキュメンタリーの巨匠パトリシオ・グスマン監督 2015年/フランス、チリ、スペイン ここのところAmazonプライム無料お試し…
コメント:0

続きを読むread more

ここ数日で見た映画

「ジョーカー」「ボヘミアン・ラプソディー」などを見た 「ジョーカー」は人に勧められていたりして興味があったけど闇が深いとも聞いていたので今まで見なかった 無料動画で見たい映画もドラマも無くて初めてレンタル料金を払って見た なかなか重たいテーマの内容だったけどラストは妙にいい気持ちになれた ブラックな世界でもヒ…
コメント:0

続きを読むread more