映画「大統領の執事の涙」を見た

いい映画だった

人種差別という重たいテーマを扱いながらも暗くならず、重たくならず、深刻になりすぎず

悲劇の部分ではなく大統領の執事とまでなった栄光のセシルの人生が柱となっていて

見ていて暗い気持ちにはならなかった

執事のセシルはカッコよくて波乱の人生でも落ちぶれることなくプライドを持って胸を張って生きていて

いろいろ悲しい出来事はあったけど幸せな人生だったのではと思う

飽きることなく最後まで見られた久々の良い作品だったし実話がモデルとなっているのも素敵だ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント