「イップ・マン 葉問」を見ている

「心を無にし争わぬために闘う」

カッコいいセリフが心に残る

サム・ハンキンポー演じる武術家が西洋人ボクサーにやられて死んでしまう

始めはイップ・マンと対立していた武術家たちだけど

西洋人という悪が登場して中国人武術家たちは団結する

最初は対立していても中国武術の誇りのために和解していく

西洋人が憎たらしい

今からイップ・マンとボクサーが闘うシーンが始まる

誇りのために妻子あるイップ・マンは闘うのだ

イップ・マンは実在の人物だそうで

やはりわたしは東洋系の思想、人間性が好きだなと思う

イップ・マンが勝利した

白人も悪い奴は一部でけっきょくそいつは逮捕された

「人はそれぞれに身分の違いはあれど、その品格は同じで貴賤の区別はない」

最後のセリフもカッコイイ

他の作品では日本人が悪の西洋人のような役柄になっているらしいけどそれも見ようと思う

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント