昨夜見た映画の後

いやーな気持ちを引きずっている感じがする

ちょっと風邪気味なのか昨日日中のパート仕事の疲労のせいなのかなんとなく気分も良くない

昨夜見たのは「闇の子供たち」

タイの児童買春や臓器移植の問題を扱った映画

問題が生々しくて深すぎてはっきりいって気持ちが悪かったけど全部見た

人間のいやーな面がそういうものを生み出していて

ふつーにそういう物事が存在している(いた?)ことが気持ち悪い

善良な家族も関わっていて善悪を問うには深すぎる問題なのかもしれない

いや、悪だろう

自分たちの子供のために人の命を奪うのだから

買春だって自分で選んだ道ならまだわかるけど

子供を利用してそれを買う人間がいてなどと考えると

気持ち悪すぎる

そういう人間たちと同じ世界で生きている

そういういう人間たちもフツーの顔をして外を歩き人と付き合い生きている

見なけりゃ良かったとも思うけど

世の中にそういう事実があったことは知っておくべきでもあるのかもしれない

今夜は美しい物語とかメルヘンチックなものが見たいなぁ

人間て嫌だなあという気持ちが消えない


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック