タイミングの悪い村上春樹(の本)

先日羽黒山に行ってきたことだし引っ越しも一段落したことだし

そろそろ読書でも始めようかと図書館の本を二冊予約した

森敦の「月山・鳥海山」同じく「浄土」

このどうしようもない猛暑の夜にどっぷり文学の世界、出羽三山の世界に浸ろうかと

で、図書館へ受け取りに行くと三冊ですねと予想外のお言葉

ああ、あれだ、あれ

忘れた頃に楽しみにしている本を手に入れると同時にふいにやってくるあれ

数百人待ちの村上春樹の「騎士団長殺し」だ

今回は第2部だけどまたしても望まないときに順番がやってきた

自分の後に待ってる人がいるはずだから延長して借りることもできず

おのずと優先順位は村上春樹ってことになる

気分は森敦なのにだ

村上春樹だってちゃんと味わって読みたいのに今回もまた飛ばし読みになりそうだ

ならば買えば?ってことだけど買わない

図書館で何度でも借りればいいのだ

買うのは持ってるだけで幸せになれる本だけでいい

置くとこも無いし

さて、今夜は寝る前にどれを読もうか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック