失業保険と内職とバイト

というテーマが気になっている人って結構いるのかもと思うので体験談を少ししようかな

昨年末に主なる仕事を期間満了で終了して失業保険をいただける資格をもらったのはいいけど

かけもちで週一でやってきたバイトともう何年も続けている在宅のちょっとした仕事を辞めたくなかった

収入としてはほんの数万円だけど希少な在宅ワークなので続けたかった

で続ける場合失業保険はどうなるんだ???と

ネットでたくさん調べてもちゃんとした情報はほんの一部しか出てこなくて困った

内緒にすればいいことだけどバレると怖いことだけはどの情報にも書かれていた

で、ネットに出ていた計算式で計算してみるとどっちみちいただける失業保険の金額はほんの数万円

あまりにも少なくて生活費には全く足りないのでもらえない覚悟で正直に申告することに決めた



結論から言うと会社都合ですぐもらえる人の場合だけど

待期期間中の7日間はバイト内職問わず働かない方がいいというのが正解

働いても問題はないけど支給開始がどんどん先延ばしになっていく

支給が開始されてからもバイトや内職(在宅ワークなど)をやっても問題はないけど

収入金額や働いた時間によって次回の支給額から差し引きされる

なので認定日にはバイトした日とか内職した日と働いた時間と

支給期間に4時間未満の仕事をした分の収入金額(実際に入金があった時で良い)をメモしていった方がいい

4時間以上働いた日とかの分は支給されないけど先延ばしになるだけなので損するわけでもない

4時間未満でも支給額の何パーセントだかを超えると支給額が減ったり支給されなくなったりする

4時間未満の仕事の金額が少なくて支給額の何パーセントだかを下回る場合は満額支給となる

追跡調査などはめったにされるものではなさそうだけど

正直に申告することで自分が気持ちよく過ごせるし支給がゼロになるわけではないから結果損ではないと思う

(地方によっては内容が異なる場合もあるかもしれず、気になることはネットではなく事前にハローワークに問い合わせるのが確実だと思う)


とはいえ自分の場合は最初に書いたように

満額もらっても生活費には全く足りないので早々に就職を決めた

で、早期就業手当というのがあって、それを申告、審査結果待ちをしているところ

なにがどうあれ少しでもお金をいただけるということはありがたいことだと思う

その他特別な場合の支給などもあるので失業保険に加入していた場合は

有効に使わせてもらうとかなり助かりそうに思う






知らないと損をする 国からもらえるお金の本 (角川SSC新書)
KADOKAWA / 角川マガジンズ
井戸 美枝

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 知らないと損をする 国からもらえるお金の本 (角川SSC新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック