特別な一日でありました

まずは午後 地元の博物館で開催中の特別展の講演会へ

暑い日差しの中チャリでなるべく並木の木陰の下を

特別展は「空海と高野山の至宝」 講演会は「中世高野山の歴史と信仰」

講師は山陰加春夫氏(高野山大学名誉教授・高野山霊宝館副館長)

久しぶりに聞く関西弁はやわらかく心地よく

内容は空海関係の本を読みかじっていたおかげでだいたい知っていたことも多く

知らないこともたくさんあったけど その中で心に残ったのは高野山参詣の功徳について

五つの功徳があるとされ 四つはまあよくある話的な内容だけど

五つ目が講師の先生も言われてたように ほんとかよという話

奥之院御廟にお参りすれば56億7千万年後に高野山で開催される

弥勒菩薩と弘法大師とのイベントに参加できる予約券をゲットできるというのである

そのおまけの話として 高野山にお墓を持てばイベント時にいい席を取れるというお話

歴史上の人物のお墓が多いのはそのためなのではないかとも言っていた

そこでとっておきのお話は 一般人でも永代供養で5万円で納骨できるということ

お、5万円なら私でも自費でいけるじゃんと 私はその時思ったのだった

その夕方 きょうだいの計らいで 母と義理の母の快気祝いと誕生祝いのために人生初の料亭へ

家族といえども会話にはあまり入れない自分ではあったけど

料理のおいしいことといったら

もうこれでこの世とバイバイしてもいいんじゃないかと

これで高野山に眠れたら最高なんじゃないかと

そんなことを思った一日であった

特に美味しかったのは岩ガキとホヤとウニの三点セットとホウボウの昆布じめとみず蛸と?貝の刺身

ご馳走を食べ始めると胃痛になることの多い自分ではあるけれど 今日は大丈夫で酒も進んだ

旅行といい ここのところ大人の特別な日が続いている

不幸だと思ったことはあんまりないけど 人生には幸福な時もあるんだなぁとしみじみ思う

もうすぐ在宅以外の仕事が無くなる予定なので 次の収入源をゲットできるよう頑張ろう

そして明日は週一になった肉体労働バイトの日 それもまた頑張ろう



で講演会で思ったこともうひとつ

さすがお寺といえども、関西系は営業が上手だなということ

講師の先生しかり 人を呼んでお金を引き寄せるのがとても自然にできるんだなということ

冷静にそんなことを思ったりもするけど 高野山はやはりとても行ってみたい場所の一つではある

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック