今日の言葉 上善は水の若し & 日記

今日バイト仕事中にふと心に浮かんだ言葉

上善は水の若し

何がきっかけだったかわからないけど

なんとなく上ではなく下方に向かって落ち着いている自分を思ったのか

しばらく前に動画で聞いた老子の言葉をただ単にふと思い出したのか

だけど意味を調べてみたら自分が目指している生き方に近いものを感じなくもない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上善は水の若し。水は善く万物を利して争わず、衆人の悪む所に処る、故に道に幾し。

(最上の善なるあり方は水のようなものだ。水は、あらゆる物に恵みを与えながら、争うことがなく、誰もがみな厭だと思う低いところに落ち着く。だから道に近いのだ。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その生き方には賛否両論あるようで

消極的で卑屈な生き方のように現代ではとらえられる場合もあるそうだけど

もう一方では

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天下の至柔は、天下の至堅を馳騁し、無有は無間に入る。

(世の中でもっとも柔らかいものが、世の中でもっとも堅いものを突き動かす。形の無いものが、すき間のないところに入っていく。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とも言っているそうで

老子はもっとも柔らかい水に大きな力が潜んでいることを知った上で~水のごとしと言ったのだろうということだ

参考はNHKテキストVIEW


バイト仕事がどちらかというと、自分の偏見もあるけど、世間的には低い位置にある仕事だ

嫌がる人もいるし高学歴では胸を張って言えない仕事かもしれないし

なんといっても収入が低いし友達の母上は残念そうな顔をしたし

友人はもっと他にいい仕事あるんじゃないと言うし

自分でも好きでやっているわけではないし低い仕事だとも思っているのが本音ではある

人と争わず前に出ず低いところに静かに落ち着くような生き方をどちらかというと好むけど

水のようにあらゆるものに恵みを与える存在とは違うし

偉くならなくてもいいけどもっと良くなりたいとかいいものが欲しいとか思ったりもするし

人より良く思われたいなんて面もあったりするのが現実ではあるし

低い仕事は大変だし楽しくも無いし生活費には不足だけど

ふと言葉が浮かんだのだ

上善は水の若しと

昔のブログを見ると時給はいいけど望まない仕事について点々としていた

どこかに無理があったのだろうと思う

今は同じく望まない仕事ではあるけれど心のどこかの部分が落ち着いていて変化を望まない

目立たない場所で黙々と自分との闘いを繰り返すそんな仕事


最近なにげに思っていたことは

パジャマで出歩いても誰にも何も気づかれない人になりたいということ

すごく自由なんじゃないかと思う

今の自分が自意識過剰なのかもしれないけど


・・・今日の日記・・・

食べた

ひとと飯

夕方までやっているランチでサラダ、カレー、スープバー付き肉メイン&デザートミニパフェ

バイト先の仲間数人と今月誕生日の二人のため

帰宅後はダブルブッキングでクリスマス礼拝に行く予定をキャンセルしてしまった親友の帰宅前に連絡がつき

うちに寄ってささやかな夕飯を食べていってもらった

そんなこんなで明日は家族飯の予定

で明日から特別な予定の無い有給休暇\(^_^)/

何しよう何も予定がないなんてもったいない

とはいえやらねばならない事がいくつかあってあっという間に終わってしまいそうではある

夜更かしもほどほどに(^o^)ノ






「老子」の人間学—上善は水の如し
プレジデント社
守屋 洋

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「老子」の人間学—上善は水の如し の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック