老子を聞きながら

老子の朗読を聞きながらネットショッピング

それってどうなんだろうと強く疑問を感じつつそんなことをしていた

もうすぐ誕生日でもあり

先日出先で必要なものを落としてから

趣味的仕事関係のぶらり写真撮りお出かけ用バッグがどうしても欲しくなり

そんなものをネットで探して注文したりしていた

そこで耳から入って心にとまった老子の第二十章


・・・以下「ちょんまげ英語日誌」さんより拝借・・・
http://blog.mage8.com/roushi-20

老子 第二十章 学を絶てば憂いなし、唯と阿と相い去ること幾何ぞ

現代語訳
学ぶことを止めたなら、迷うこともないだろう。「はい」と答えるのと「うん」と答えるのにどれほどの違いがあるだろうか?人の言う善と悪にはどれほどの違いがあるのだろうか?人の嫌がる様な事はしてはならないが、どこまでも厳しく律していたら際限が無いではないか。世の人々はみんな笑顔でご馳走を食べている様に見える。まるで春の日に高台から世界を見ているかの様だ。しかし私といえば一人きりで動くそぶりも見せず、笑う事を知らない赤ん坊の様だ。ぐったりと疲れて果てて身の置き所も無いかの様だ。世の人々はみな有り余る何かを持ち合わせているのに、私と言えば何もかも失ってしまったかの様だ。私はそういう愚か者の心を持っていて、ぼんやりと何が確かなのか解らずにいるのだ。世の人々はきらきらと眩いばかりだが、私だけは一人暗がりに居る様だ。世の人々は賢く聡明であるのに、私だけは一人悶々としている。ゆらゆらと大海原に漂い、風の様にどこへ行くかも解らない。世の人々はそれぞれ世の為に役立っているのに、私だけが一人じっとして何の役にも立たずにいる。私だけが人とは違っていて、大いなる「母」に養われる事を大切に守っているのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだよそう

私だけがなんだかおかしいような悪いほうに違っているような

なにもかも普通の人より不足しているような

そんな気がすることばかりある

老子という超有名な人でさえそんなことを考えていたなんて

と、ちょっぴり安心したりする

今は「老子 第三十八章」が耳から入ってきている

これもまたちょこちょこと心を刺激する

そんなこんなで在宅仕事をサボってしまった

使った分は稼がないと!!!

がんばってください!自分


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック