読書の話 今更ながら「1Q84」を読んだ

まともにいい作品が読みたいなーでも何読もうかなーと図書館の本棚をだらだらとながめていて

困ったあげく、ここはやはり全世界にファンのいる作家先生の本ならほぼ間違いないか、と
村上春樹のコーナーへ

図書館にある作品の半分程度は既に読んだのでまだ読んでいない作品は・・・と
分厚い上に3巻もある「1Q84」を選んでみた

読むには読めた厚くても
登場人物も好感の持てる人物が多かった

が、しかし
物語としてすごく面白かったかというと、そうとは言えないかもなぁ

比喩みたいなものがやたらに多くて
せっかく素敵な比喩なのにもう鼻について味わって読む気になれなかったり

あの宗教団体に関係した内容だと思って避けていたし
今回読んでもみたけれど???
宗教団体に関しては何が言いたいのかよくわからなかった

何かを学んだとすれば
ひきこもった生活をするときに役立つノウハウみたいなもの
運動は必要だということくらいかなぁ~

読み方が浅いのかなぁ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック