読みたい本

が思いあたらなくて

ここのところ読んでいるのがバイク小説

2人の小説家

一人はバイク乗りを主人公にした短編集で軽く読める

もう一人はバイクの視線で書かれためずらしい長編でタイトルがカッコいい

かつて夢中になった片岡義男を越えるバイク小説には残念ながらまだ出会っていない

片岡義男はバイク小説を書く気を失ったからもう書かないとどこかで言ってたけど

何が違うのかなその頃より前のバイク乗りとその頃より後のバイク乗りって

なんとなくわかるような気もするけど

だからこそくさいほどのバイク小説が読みたいのに

そういう小説を書いてくれる人もいなくなったみたいだな





彼のオートバイ、彼女の島 [DVD]
PI,ASM/角川書店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彼のオートバイ、彼女の島 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック