レイチェル・カーソンは言いました

小さい魚を大きな魚が食べ大きな魚をもっと大きな魚が食べ・・・

極微量の物質は濃縮されて大きな生物に取り込まれて蓄積し莫大な量になるとか何とか

皮肉なことに季節は春 「沈黙の春」は予言だったのか

もう何十年前の話でしょう 既にそういう考え方ができていたのに

人間は学ばない生き物だったのだ


例にもれず私も学んでいないようだ

社会的側面から見てのちゃんと生きるということができない

個人的には寝られる食べられるなんとか生きている

何が間違いで何が正解かを100%証明できる人なんているだろうか

学んでいないのは皮肉なことに頭脳明晰成果的にトップの人々の方が

圧倒的に大きなマイナスの現象を引き起こしてきたのではないのだろうか


しょうがないので水道水飲んで料理に使って

安い野菜食べて

もうニュースをちゃんと見ないことにして

後先のことも考えないことにして

ただ息をしていることにしようかな

とはいえ3日4日部屋にこもってたら心身いい感じではなくなってきた

明日は外に出る

ちょっとした用事があるから




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック