エスケープ

雨はいいな

正否は別として

偽者の輪からエスケープした

気を変えるために途中駅のカフェで読書して

帰ってきた駅は雨

薄暗い部屋は罪無き罪の意識で脆くなりそうな心を守る

雨の音は 

そっとそのままでいいのだと私の気配を消して存在を肯定する

私は沈黙を通す

いや、話し始め微笑み始めたのを見逃さず

邪心を持った輩がまた攻撃を始めようと蠢いていた

過敏な私は察知して

終了と同時にその場から出た

予定されていた偽者の輪を作る会をエスケープして

これでいいと静かな心を認めながら

偽りの自分が偽者の和の中で作り笑いをすることより

非常識な態度への非難轟々を覚悟して 

静かに自分を通すことがいくらかましなような気持ちになっている



第三十六計にもあるように

とんずらはりっぱな兵法だ

世の政治家が良く使う手でもある

心が平和で他人を傷つけることが少ない道ならば

エスケープも悪くは無いだろうと自分を弁護する

こうしてひとつ山をまた越えることを覚えただろうか

いつもの堪え性の無い自分のままだろうか

なんとなく少し違う気がしている

そんな私はいま老子を学び始めたところだ

雨は止み 秋の虫がほどよく鳴いている

さて 眠ろうか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック