寛平RUN & プール

連夜アースマラソンの寛平さんを見ている。なぜか飽きない。それにしても、ランチはオーマイパスタばかり。でもなぜか、毎回おいしそう。潜在意識にインプットされてしまった。私も食べたい・・・

あさりしょうゆ。アマトリチャーナ?ペペロンチーノ。オイチーノ。
カメラ&記事、取材、通信、料理人&世話人&秘書?なんでもやらなければいけないぶーやんというスタッフの何気ない存在は絶大だ。そのぶーやんの作るパスタがやたらおいしそう。

あれだけ大変な仕事をこなしながら画面でちらと見る笑顔は穏やか。人柄がいいんだろう。
仕事とはいえ、心身の疲労が重なると人はテレビだろうがなんだろうが、しかもタレントではなくスタッフなんだし、表情や態度、言動にあらわれそうなもの。それが、ぶーやんには見られない。平常心でゆったりしてて。

今私が見ているのは過去の映像で、最近そのぶーやンは他のスタッフと交代になった。心身の疲労が限界に達したとか。とはいえ、数百日過酷な仕事をこなしたのだ。いい仕事をしたなあ。人生の大きな思い出になるだろうな。

それ以上に、タレントとはいえ、間寛平さんの人柄が素晴らしく、人を思いやる心の広さとかお笑いのセンスで、普通のマラソンやスポーツのドキュメンタリーのような苦しさや涙など辛い場面がない。もちろん、編集されてはいるのだろうけど。アホのお笑い芸人さんという印象は薄れ、素敵な大人の男性として見えてきた。

今日は半日ネットで仕事探しとエントリー。応募した件の確認や連絡。
午後からはプール。ウォーキングとジャグジーとサウナ。上向きバタ足浮遊。運動は良い。身体が喜ぶ。
心がひきこもっていても、身体は運動を喜ぶ。

ここのところネットで夜ふかしが続いている。いろいろやっているうちに夕飯の時間も遅くなる。
夕べも深夜にカレーを作って食べた。単純に簡単に作ったのに、なんだかとてもおいしく出来た。
今日の朝も、残ったのを食べた。冷えたご飯はスペイン風調味料で黄色く炒めてみた。遅い朝ご飯だからカレーも悪くない。おいしかった。

健康にいいこと悪いこと、バランスがいいのやら悪いのやら。
早く収入の道を決めてはりのある日々を取り戻したいものだ。
この際、雇用形態はどうでも良い。できることなら在宅にしたい。どう考えても正常とは思えない満員電車通勤は避けたい。無駄なストレスはいらない。複数でもいい。生活に必要なだけの収入があれば、まあ、それでいいとしたい。

収入アップ+不健康&拘束 < ほどほど収入+健康&自由

さて、瞑想して寝ようかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック