ホットケーキとRodの朝

今日はお休み。
遅く起きた朝は、ホットケーキを焼く。
久しぶりにCDを流してみる。
Rod・Stuwartがセットしてあった。

スローで軽快な大人のロックと、のんびりホットケーキを焼く遅い朝は、この部屋に越してきたばかりの頃の新鮮な嬉しくて楽しくて自由な気分を思い出させる。

人の心、いや、私の心は大きく変化した。北側のうす曇の部屋に引きこもり、海を忘れ、人を恐れ、自分の不調に捕われる日々をたくさん過ごした。

南寄りの窓からは陽光が溢れ、たくさんの植物達が元気に過ごしている。見ている自分の気持ちのダイヤルを少しチェンジすると、なんて素敵な光景だろうかと思えたりもする。

何も変わっていないのかもしれないし、変わってしまうのはいつも自分の心だけだったりするのかもしれない。ふとした瞬間にそんなことを感じたりしながら日々本当は変化している。すべての物事はすべて変わらないものなど無い。

駅のポスターにここのところほんの少し動揺している。過去の大事な人が大好きだったミュージシャンのコンサートが地元で開催されるらしい。
忘れていた過去を断片的に思い出したり、その過去とこれからの未来に何か繋がりがあるのかと想像をめぐらせたり。全くありえないとは言い切れないけれど、きっとあるはずだとも言い切れない。

すべては宇宙の定め。電子の繋がりで成り立っている。引き合う物はまためぐりあうだろうし、めぐりあっては離れるのかもしれないし。すれ違いを何度も繰り返しながら気がつかないまま、また宇宙へ電子として戻って行くのかもしれない。

ここのところ天気の変化のように体調も不調だったり、ただの疲労だったり、落ち着かない。駅のホームのベンチには暑苦しい日でも他人同士隙間無く腰掛けて電車が来るのを待っている。みんなお疲れなのだろう。

仕事は相変わらずどうでもいい単純なミスを毎日やってしまっている。世代がふたつくらい違う若者は心の中でどんな呆れ方をしているやら。しょうがない。何もかもほとんど焦りと不注意からしでかしていることばかりだから。閉店後数えたお金をひっくり返したり・・・なんて、ちょっと注意すれば済むこと。ま、いっか。

世代がふたつくらい下と1つ半位下の若い女の子の結婚観をちらりと聞いた。
どちらも結婚したいと言った。結婚したい時に結婚した方がいいよ言ってみると、お小遣いはどうなるんだろう、旅行ができなくなるといや、家計を分けるのもいや、家事をやって仕事に出てそのうえだんなの世話なんていや・・・問題点がたくさん出てくる。実際はそれ以上のいろんな難関が有ったり無かったりするものだから、やってみないとわからないんだけど・・・

離婚はしたくないらしい。40でも結婚できると思っていて、離婚歴は傷がつくと思っている。そうかな・・・?私は離婚歴は別に傷とは思っていない。単なる履歴の1つだ。ひとりの人間と本気で向き合ったというれっきとした履歴。恋愛歴は隠されて一般的には表面沙汰にはならないけれど。芸能人はじめ、離婚報道が日常茶飯事のいま、若い2人がそういう意見を持っていたことがちょっと以外だった。若い世代は思った以上に保守的なのかもしれない。

気さくなバイトパートさんたちの話題は、もっぱらこれから入る若いバイトさんのこと。変な人だったらどうしよう・・・あーでもないこーでもない、100%悪いとらえ方をして盛り上がっている。ここでもまた否定形を好む人々ばかりだ。まあ、否定形から始まっていい面が認められていくのも逆にいいかもしれないけれど。

いつも逆パターンの私は微妙な気持ちで話題の外側にいる。いい人に来てもらって良かった・・・・から始まって、さてそこからどう進んで行くのでしょう。削られてスレンダーになるばかり・・・

さて、私は引越しを決めた。
また新しくやり直すのだ。
ありがねはたいてまたゼロ地点だ。旅もおあずけ。

コンサートがある頃、私はこの町にいない。またすれ違いなのか、全く無関係なのか。心の中で物語を作り上げるのは全くの自由だけど。

さて、荷物をまとめ始めようか。
音楽は何にしようか・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追加

先日読み終えた本の一説をここのところ思い出している。
心を離れるということ。
自己実現もまた心を離れることの1つであると。
もって生まれた本来の自分らしさ、自分の性質に合った生き方を実現させるのも捕われた心からの解放であると。

何かが見えそうでまだ見えない。
子供の頃の幸せな気持ちを思い出すことで何かがわかるような気がしている。

(高橋和巳著 「心をはなれて、人はよみがえる」 ・・・引越ししたら手に入れよう)





The Ten Commandments of Child Support: Learn From My Mistakes (English Edition)
Patterson Publishing
Sir Rod Patterson

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Ten Commandments of Child Support: Learn From My Mistakes (English Edition) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

管理人
2008年09月08日 01:00
虎とら さん。コメントありがとうございます。お疲れ様でした。お楽しみいただけてよかったわ。趣旨が違うので異次元へ移動して頂きました。いってらっしゃーい。

この記事へのトラックバック