清水の舞台より恐い・・・

夢を見た。

はしごのような塔のてっぺんにクッションのしっかりしたイスがあり、わたしはそこに腰掛けている。なんだか変だなと周囲を見ると、ずっとずっと下のほうに景色が広がっている。わたしはずいぶんと高い場所にいるのだった。
急に恐怖感に襲われた。それまでは何も恐い感じがしなかったのに。

どうやって下りるのだろうと考える。落ちるしかないのだろうかと。当然無事では済まないだろう。
塔ははしごのようになっていて、それを伝って下りればいいのだろうが・・・イスの周囲には空間しかなくて、1歩も踏み出す土台が無い。

どうすればいいんだろう・・・とひざの間から真下を見下ろしていると、革張りのように立派なイスがゆっくりと前に傾き、下へと下りていく。ゆっくりゆっくりとはしご状の塔を静かに下りていく。
なんだ、こういうことか。とひと安心。

下りた場所には大きな岩を取り巻く泉があり、かなり深い部分も見えている。わたしは洞窟のようになっている場所の前から泉に入り、深みに落ちないようにと気をつけながら気持ちよく浮かんでいる。
ふと洞窟のような入り口の外側を見ると、何人もの人間がこちらを見ていた。浮浪者のような、そこの住人のようないろいろな人々。
全裸で浮いているわたしは慌てて体を水面の下に隠す。

そんな夢だった。
朝目覚めて、やる気が出ない。仕事探しに希望が見えない。生活そのものに不安ばかりつのる。寝ていようと決める。10時過ぎに布団から出る。

楽しみの朝パンが無い。財布の中身がほとんどゼロで昨日は買い物をせずに帰ってきたから。
冷蔵庫に保存してある玄米ご飯を、母が送ってくれたお茶漬けのりで食べ、コーヒーを飲んだ。
先日、温泉町の帰りに買ってきた夏みかんや母からのお菓子類をつまみながら、ネットで仕事探し中。
少しづつやる気が戻る。迷いや不安は晴れはしないけれど。
進まなければどうにもならない。じっとしていても、どこからも助けは来ない。少なくとも今までは。
今週中には収入源を決めよう。好きなこと、自分にむいていると思えることしか選択しないと決める。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック