あしたわたしがくじけたとしても・・・

今日、一歩前に進んだことは確かだ。

ずっと気になりながら踏み込めなかった道へ一歩踏み出した。
面接へ行って来た。

不安と迷いを残したまま道を歩き、面接で言葉を語り、自分を俯瞰しながら、それでもとりあえず一歩進んだ。明日くじけたとしても、それはそれでいい。今日、前に進めたことだけで今日は良かったとする。

明日だめになっても、一歩進まなかった時の自分には戻らない。一歩進んだ場所からまた始まるだけの事だ。

今日の占いでは無駄と出る。方位と自分とその仕事との相性は良いとは言えない。たまたま月日そろっての吉方位ではあった。

占いで良しとされないことへあえて踏み込んだのは、ずっとずっと心にひっかかっていた仕事であったことと、たまたまその募集をみつけたらからだ。
子供の頃の思い出と、初めて一生やってもいいと過去ほんの一瞬だけでも感じさせてくれた仕事だからだ。

体験で2日間与えられた。無償かもしれない。ただ、一日中PCの前で仕事検索を繰り返しやってるよりは行動していたほうが気持は楽だ。
うまくいっても、収入は今までの半分にしかならない。
自分を確認するためにも踏み込んで体験してみるのはいいことだと思う。理想と現実のギャップを知るのか、理想を現実に変えていくのか、それもほんの少しの分かれ道で決められることかもしれない。


何もかも思うようにいかないとき、それは人生の冬の季節。
じっと待つことで春は確実にやってくる。

ただ、木や植物達は教えてくれる。枯れ果てた姿でじっとそこに立っているだけに見える木の内部では、春になったら一斉に咲かせる花や新芽の準備を整えている。
待つということは、何もしないでいる意味ではなく、内部で着実に準備をする時であると。

私がこうしてかろうじて最低の落ち着きを保てるのは、母や伯母の存在と助けもあるけれど、はまりこんだ気学というものによって、人生の季節という考えを知ったからでもある。
暦で見る今の私の星の位置は、冬に位置していることを知っているからだ。うまくいかなくて当然であり、それでも情報を集め春に向けての準備を進めておかないといけないことを知っているからだ。

とはいえ、PCの前、一旦仕事検索を始めると気が滅入る。不安と焦燥にかられて神経が衰弱していく。
今このときはそれが無いけれど。目先の道の入り口と、母の支えと、春待ちの季節を意識しているから。

雨の中、足を濡らして駅まで歩く途中のファミレスで、おいしいケーキとカフェオレとお茶類のドリンクバーを楽しみながら、D・カーネギー『道は開ける』を少し読んだ。

今のわたしの心に刻まれた言葉。以下抜粋。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息絶えた昨日―を閉め出して・・・・未来―まだ生まれていない明日―を締め出すのです。
そして「今日、一日の区切りで生きる」ことを習慣にするのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

立ち止まること、何も行動しない時間、日々でも、たぶん無駄なことなど無いのではないかと今の私には思える。仕事、収入の道が途絶えても、外界へ向けての身体の行動が止まっても、脳や心や魂の活動は止むことなく続けられ、悪くすると神経衰弱とか心の病になってしまうけれど、そういう時間の空間を持たないと解決できない、解決の準備ができないこともあるのではないかと、いまの私は思っている。

何かが解決したとはまだまだ言えない。けれど、たぶん、わたしは次の季節の準備をこれでもたぶん、ちゃくちゃくと進めているのに違いない。

♪ I BELIEVE ♪  

今夜 ひさびさにBONJOVI が帰ってきた。

TVは一昨日のしましま状態に戻ったまま真っ黒にはならなかった。なぜ・・・昨日だけ・・・

母にメールして、今夜は安心して眠ろう。

ps.
夕飯をしっかり食べた。納豆、旬のめかぶ、胚芽米ご飯、ほうれん草と油あげの味噌汁、そして昨日99円で買った冷凍塩サバ。不安。安いものには何かある・・・薬品覚悟の節約道。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック