占いは都合よく利用しましょう

今週のわたしの星からのメッセージ・・・
~地道に小さな一片をきちんと積み重ねていけば、多
少の揺れではビクともしない体制ができあがります。~
            「開運なび」 あなたの一週間の羅針盤!「守護石ガイド星占い」 より

1日ひきこもって外へ出なかった昨日の休日。外は曇りで肌寒そうだった。
明日、つまり今日のことが不安でいやでたまらなかった。
けどしかし、なんと心身軽く明るく、ほんわり楽しく過ごせたことか。

研修中の職場の皆さんはとてもフレンドリーで優しく、いやな顔1つせずにご指導下さる。励ましの言葉さえ、さりげなく会話の合間に投げかけてくれる。
怒鳴り声のお客様に、大泣きの社員さんもいれば、ゆっくりゆっくりなおじいさん、おばあさん、いろいろなお客様が立ち止まっては流れていく。

若い女性の社員さんを大泣きさせたお客様がひっそりと戻ってこられ、なんとわたしを呼んでお菓子の袋を手渡された。「プロなら泣くな」と○○さんに渡してくれと名前も告げずに立ち去った。どうしていいかわからず袋をもらったままわたしは頭を下げ、感動して涙ぐんでいた。
ほんとはお客さんから物を頂いてはいけないのだろうけど、社員さんに確認することもできず気付く前に手に持ってしまっていた。

さて、この元気は何だろう。
昨日までの暗雲立ち込めた意味不明の重い気持ちは何だったのだろう。
星占いを読んでみる。運気低迷から少しずつ上昇している気配。
星は何でも知っている。悪いメッセージは心にとめて何かに注意するとか、無理しないとか、何か対策するとか静観するとかじっと堪えて待つ。
良いメッセージの時はまるまる信じて気持ちを持ち上げる。自信を持って事にあたる。ちょっと先に進んでみる。とか。
言うなりになるのではなく、うまく利用するといい。こういうわたしは占いの言葉に単純に一喜一憂してたりするけど・・・

もひとつ心当たりがあるとすれば・・・気学。方位の話。
4~5日前、日で四緑北東方面へ50キロ以上はなれた場所へ行ってきた。四緑に縁のある麺類、うどんも食べてきた。激安洋服を見に行った。衣類も四緑に縁がある。
四緑と相性のいい人にとって、北東四緑は起死回生の方位と呼ばれるらしい。たった1日の日帰りでもその効果が出たのか。とはいえまだまだ気が抜けない。月の暗剣といわれる方位に毎日通っているのだから。

はたまた、1日部屋ごもりで身体が休まったからか。
夕方急に思い立って、母と叔父の無事と心の闇を薄めるために写経してみたからか。
ペン字の練習みたいに、般若心境の見本の文字をなぞるだけのものだけど。
いずれにしても良かった良かった。暗雲に切れ目が見えた。

やめようやめようとばかり思っていたのが、ひとまず明日行ってから考えように変わり、とりあえず今月は・・・となり、一歩ずつつないで、昨日より今日、今日より明日、ちょっとずつ仕事もできるようになっている。ほんの少しずつだけど。

仕事から帰って、南側の雨戸を半分だけ閉めた。鉢植えがじゃまになって雨戸を閉められない方の窓の外側にヤモリの下半身だけ見えていた。何だかホッとしてうれしかった。留守番していてくれたらしい。


画像
              ヤモリの下半身とトマトのアイコ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック