夏の田舎の母よりの便り

ああ、あたしはげいじつ家あるいはぶんげい家だったらまだよかったのだ。
先日、母へのメールでついぐちる。時給が足りない・・・・と。
それは母にとっておねだりに聞えるらしい。
先日TVで見た、たいてい食えない時代の作家や芸術家が故郷の親や兄弟に宛てて書き綴る手紙のようだ。
・・・・・ただひとつ足りないものがあるとすれば、音楽を聴くラジヲが無いことです。云々かんぬん。・・・・・
数日後、田舎からラジオが送られてくる。
そうやって援助されながら、足りないものがあれば軽い愚痴のような手紙を書いてはまた助けてもらいながら、創作は続けられ、やがて運の良い者は認められて食えるようになる。

私の場合、ただのおとな子供。何も作り出すこと、建設的なことをしていない。
ただただいつも何かが不足。
親孝行いくらやっても足りない。結果的に親不孝の方が断然多い。せめて世の中の役にでも立ってればまだいいのがれられるんだけど。

封筒が届いていた。母から。開封する前から思ってた通り、お小遣いが入っていた。
カタジケナイ。

今日からアレックス・カーの「日本の残像」を読み始めた。

思いつき?で、カラーコーディネートの勉強を始める事にした。
本を注文した。
目標がいつまでも決まらないから、資格でもめざそうか・・・と。
カラーと植物関係ひとつ。
なんだか無駄なような気もするけど、何かがはっきりするまで目標にしとこうか・・・と。
どちらも好きなことならそれでいいよ、と。
がんばれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック