なんだかいろいろ・・・

いろいろ、なんだか、捨てたくなっている。
ふいに思い立って靴を磨きながら、履いていない民族風サンダルや直せばまだ履けそうだけど歩きにくい靴などを捨てることにした。
キッチンの西日を集めて暑苦しい生成りの手作りカーテンも捨てた。
かわりに紺色に花柄の、暗いけど涼しげな、もう着られないワンピースを切って日よけにした。

夕べは一昨日急に誘われて、霊園仕事の皆さんの飲み会に参加した。
憧れのボスも参加していて、好きな人の臭いはどこまで許させるかとか、犬のお尻を見てしまう人と、タマタマを見てしまう人とかの話から、仕事やらなんやらいろんな話で楽しく過ごしてきた。何杯も飲んで、電車で目を閉じると気持ちが悪くなりそうだった。

派遣を打ち切りにされたひとりの女のこの送別会だった。いろいろ考えると、複雑な思いが浮かんでくるから、深くは考えない事にした。彼女は元気で次の仕事も既に決めていて、大きな花束をボスにもらってみんなに見送られて笑顔だったし。

気がついたら床の上。
あれ、布団がない。タオルケットも枕もない・・・
ただ転がって部屋の真中で眠っていた。
キッチンの雨戸も閉めず、前日朝から干しっぱなしのタオルが早朝の風に揺れ、よそんちの窓が見えていた。
帰ってから寝転がるまでの記憶が無い。わたしにしてはめずらしい。
風邪も引かず、まあ、問題なし。

やたらに暑い。外より暑い。この部屋も捨てたい。仕事も捨てたい。この暮らしも捨てたい。この町も・・・・などと思いつつ、そうじゃないものを探しあぐね、洗濯と掃除とパソコン検索など、だらだらと過ごした。

旅はいいなあ。しなければいけないことが何も無い。
そうかといって無駄にTVを見ようとも思わず、無駄に夜更かししたいとも思わず、早寝するのがもったいないなんてことも思わず、休みだからたっぷり寝てしまおうかと思いながらも朝陽が見たくて起きてしまったついでにコーヒーでも飲んで、本でも読もうかなんて気にもなる。
そう思いながら、ぼんやり外を見て、昇る太陽に誘われて散歩に出かけてみたり。
それが日常できないってこともおかしいことだけど。
旅はやはり旅。いつもとは違う。

今日1日2本の電話あり。
整体先生より。なにやら怪しい誘い。なにやら妙な感が働き、行くのをやめる。実際問題疲れている。交通費も整体料も今は払えない。感によるとたぶん、お断りしたはずの男性と会わせようという計画?か。例のおやじさんのアイディアだろう。わるいけど、申し訳ないけど、タカビーかもしれないけど、希望の見えないご縁はいらない。うそで釣られるほどかわいそうな孤独も消極性も若さも持ち合わせていない。

好きではない人との暮らしと親の介護と立派な箱。どうしても希望は持てない。家はわたしにとって窮屈な生きた心地のしない箱にしか思えない。そこそこのだんなの収入と家と財産のために望まない縁を結ぶ気には、ひとり暮らしに行き詰まっている今でも望む気はほとんど無い。それならがむしゃらに働いて力尽きて消えるほうが潔い。

そんなことを考えているようではいつまでもひとり、惨めに孤独shi・・・か。
でもどうなんだろう。どっちがより不幸なんだろ。あるいは幸福が多いんだろう。
選択の自由もない運命ならば、それはしかたがないけれど、今のわたしはすべてが自分の選択が自由な状態だ。
いろんな苦労を背負うなら、せめて心から愛せる人とのご縁でありたい。そうでないと堪えられないと思う。

今月の収入の詳細が届いた。思った以上に少ない。急にあせる。どうにもならない。どうにかしなきゃ。でジンマ出そう。

派遣の担当さんからなぜか電話。
バカ正直のわたしはいろいろ事細かに事情を述べる。いろいろ意見言われる。医者行って診断書をもらうようなことを結局勧められ。あやふやにお返事。
答えは早急に出さないとまずい気配。またまたの仕事変更かサイドジョブ内緒で、か。

ジンマは夕方ちゃんと出てきた。
かゆい手指。暑すぎる部屋。物事を冷静になど考えられない。
生きているので精一杯の季節に突入してしまった。

ハワイ、サーフィン、そんなことを調べて気を紛らす。
べたつくこんな季節。通勤着は更に困ったことになる・・・・aaaaaZENBUYAMETAI。
いや、こつこつと、足元かためていざ実行。それしかない。

さて、旅の効果は出ているのだろうか?
いいかげんそれも手放したらいいのか?

片岡の本を読もうと思いつつ、こんな時間となりました。

無駄な物はなにひとついらない。サーファーの生きたかには共感したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック