曲名は 「生きてはいますが・・・」 だった

動画でライブを聞いた。
やっと聴きたい曲をまるまる聴けた。
橋本ひろしと冒険団 「生きてはいますが・・・」がショップ99でいつも流れていた涙と元気をくれてた曲だと知った。

六本木か・・・・
酒とライブと食べ物と。泣くだろうな・・・ボロボロの顔で電車乗ってくるのやだな・・・
ライブ行ってみたいと本気で思う。めずらしいことだ。わたしには。
冒険団onTV ← ここでその曲が聴けるし、メンバーの姿を見られるよ。元気が欲しい時、いいかもよ。

今夜、気学教室のお仲間の方に電話した。
年下のお仲間さんからのメールで、先日写真で透視鑑定してもらってきた結果というものをちらりと知らされ、気になってしょうがないから、鑑定に行って来た方に電話することにした。
悪いものは憑いてないけど、こけしみたいなものが部屋にあったら処分するようにという話。
思いあたるもの?コントレックスのペットボトル?古い油のボトル?竹?丸っこいけど、ぬいぐるみ?

あと、この人は心にぽっかり穴が開いている。と言われたとのこと。
その表現はピッタリだと思った。その通りだ。命かけるほどのものは何にもないのだ。探しても探しても外にも中にもみつからない。その苦しさ。って感じ。

それがいつからなのか、父を無くして反抗心を原動力にしていた行動が終わってしまってからか、壮絶なバトルの末のくたびれ果てて恨みもつらみもこだわりさえもなくなって二人で灯りを消して~♪ってなお別れの後からか、天縁のあいつときっぱりしてからか・・・・・

いいえ、たぶんそれ以前、生れた時から。星は物語る。そういう性質で生れたのである。
この世の目に見えるすべてのもの、物欲のない、そこを越えたものに価値を見出そうとする性質を与えられたとかなんとか。生きている目的とか生きている今を大事にとか、そういうすべての地に足のついたところのもののず~っと上のほうにあるもの。だから、頭の悪いわたしにはまだわからない。

直感とか右脳だけで生きていた頃にはまだ自分というものがあったけど、いろいろ理屈をつけて自分以外の普通の人にならないといけないと自分に課してからは、直感どころか自分自身をも無くしつつある。心に穴もそりゃ開くわなあぁ。

ここだけの話。冒険団ではメンバーをいつでも募集しているらしい。曲を聴きながらライブ映像見ながら空想した。応募して売り込んで舞台に立って歌を吐き出す自分の姿。悪くないかもなあ。現実度胸も無いし、東京と聞いただけでしり込み。だけど、可能性は1%無くはない。

一発逆転。それがわたしの人生なのだ。信じる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック