友人と梅の咲く庭園を歩いてきた。
ただでお餅とお茶を頂いておしゃべりしながらゆっくり歩いてきた。

やはり、ここのところのわたしの仕事の迷いとご紹介とお断りの連続の話には不快な表情で言葉を飲み込んだ。
彼女は大人で我慢強いから、簡単に思いを言葉にはしない。
旦那さんはどちらかというとわたしと共通点がある。
在宅で、仕事が途切れて収入減。何でもできるタフな人間ではない。パチンコに精を出し使うばかり・・・・ああ・・・同類。

頑なな自分は春の梅の花の中でどんどん眠くなる。過去のけして楽しいとはいえない初めてのひとり暮らしの街の悪い気ばかり復活してくるような不安。微妙などちらかというとマイナスの感情ともいえない気分のようなものに覆われる。
人は過去の場所にはもどらない方が良いのかもしれない。

前にとにかく前に進むしかないんだろ。
できればいい仲になりたいと思ったこともあるひとり暮らしのオランダ人はもうどこかへ越してしまったらしく、かつて事故の後のバイクを運んでもらったワゴン車も無く、ポストの表札も消えていた。
6年暮らした古い木造のお屋敷も新築の鉄筋の一戸建てに変わっていたし、向かい側にあった大きなビルも壊されて空が広がっていた。ただ、その街の寂しさは相変わらずだった。日当たりのいい暖かな明るさもそのままだった。

夜、母に電話していろいろ話ができた。
初めて聞いた。夢か現実かわからない話。どう解釈したらよいものか・・・ちょっと戸惑う。
さっきじいちゃんが帰ってきたからばあちゃんは?と聞いたらまだ返って来ないと言ってた。と母がふいに言う。
・・・・・って?え?どこの?じいさん?
もう亡くなったはずのじいちゃんとばあちゃんのことらしい。夢か現実かのあいまいな意識ではっきりとじいちゃんやばあちゃんの姿を見たり話したりするらしい。それって、やばくないのかなあ・・・
そうなんだ。としか言えない。ずっとそうだったと。本人は特殊な能力だと思っている気配。

弟はかなりやばいらしい。負債がわたしの倍・・・・って、それってわたしもやばいってことだけど・・・わたしのは保険の積み立てを使ってしまったということで、純粋な借金というわけでもない。解約すれば無しになる。とはいえ、きょうだいそろって負債と占いにどっぷり浸かり、しかもやつは凶方へ家を建てた兄に方位の現象について発言したらしい。当然、最近のわたし状態。母もそりゃおかしくなるわなあ・・・・
どうしたらいいかなあ・・・・気の力で解決だ・・・とこりないわたし・・・・

当然人はいろいろ言う。だけど、とちらにしてもだれにも明確に証明出来ないことは世の中多い。
不思議な体験を経験した人だけが言葉を濁しながらたぶんうなずくんだろ。
それにしても、昔から続いているものには何も無いとはやはり言い切れないのは間違いない。

オヤジさんから預かってきたはがきの住所を入力し始めた。甘かった・・・手間がかかる。
受けたからにはやり遂げないといけない。

どこへわたしは向かうのか。何を目印に進むのか。いまだ何も見えていない気持ちに変わりはない。すでに歩みを進めているとしても、まだ実感が無い。

作家にでもなれればよかった・・・と適当に言ってみたわたしに、母は簡単に言い切った。いまからでもなったらいい、と。その後、自分はプラス志向で明るい顔で生きていないと力が出ないとかしばらく語りつづけた。思うより、かなりよわっているのか。気晴らしが必要だ。どうしたらいいのかな。長男に気を使い、自分を責め・・・・助けになる子供が他にいず。心配の種ばかりで。
やはりわたしにできることは、魔法しか思いつかない。そんな力は魔法にでも頼らないと出やしない。
まじめに働いて嫁に行く?それがまっとうな親孝行?それもそう、魔法がもっと必要かもなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

seru
2007年02月13日 01:12
2006年10月9日の運命鑑占いやらせて頂きました。
手相占い A級
三国志占い 呂布奉先
EQテスト 頭のやわらかさ30% ランク2
     臨機応変能力10% ランク1
     人間関係をきずく能力17% ランク2
     経験値25% ランク2
     TOTAL 20%  
 こんなどうしようもない人間もいますから安心してください。
 でも占い楽しかったです、またなにかあったら載せて下さい。
 ありがとうございました。

めし屋
2007年02月13日 23:55
お楽しみいただけましたか。うふふ・・・
そんなあなたにお薦めなのが、九星気学。余計なお世話・・・ですよねぇ。
どん底からでも這い出てみせる!と、大げさですが、少なくとも元気は出ます。不思議な事に。貧困といいつつも・・・昨日温泉に浸かって星見てました。当然吉方の。
今日、一昨日の頭いっぱい血管切れそうな鬱寸前状態がしんじられないほど開き直って元気です。思考もプラスに傾いています。リスクは運をアップさせたら何倍も戻るという人もいます。
転地療法と言うのがあるくらいなので、ここじゃないどこかへ行くだけでもかなり気分は変わるのですけど。それが吉方なら運命も変えられる。って、だからやめられないのですよ。人に嫌われても。
だって、自分じゃどうしようもないからそういうものの力を借りる訳で・・・・あ、また嫌われるなあ・・・
あたしを嫌うその前に、運命諦めてるそこのあなたたち!吉方へ行ってごらん!それでもあたしをおばかと言うか?
あたしをおばかというのなら、家康さまはどーなのよ・・・って。彼こそは都の設計や戦に風水を使った有名人なのですよ。

この記事へのトラックバック