小さな炎

せっかくだけど、決心がつかない。
水道検針の仕事の紹介をとある方より連絡を頂いた。
2日くらい考えた。ご紹介者はやたら一生懸命にすすめてくれる。上司に話を通し、なんとか面接に間に合わせようと・・・・決心がつかない。方位のせい?やりたくないから?知識が無いから?興味ないから?知らないから。スクーターとはいえ大好きなバイクに乗れて、ひとり行動である面自由で、生活できるだけの収入があって・・・それでも気が向かない。がんこなのか、ただの無知なのか。丁重にお断りした。緊急で半端な気持ちで飛び込むには何かが足りない。
人間関係をおそれて、自分にウソをつき続けて生きていけるのか?たぶん、人にも自分にも良いことなんか無いと思う。

画像


何かを手放すと、何かが見えてくる。
ある決心がかすかなほんのちっぽけな炎として心の闇に灯った。
袋叩き覚悟、更なる貧困覚悟をしないといけないかもしれないけれど。
やはり、好きなことしかできない。やりたくない。将来を考えるならなおさらのこと。
千倉のペンションのご主人の魂の言葉を忘れてはいけないとやはり思う。

それでも自分ひとりの思い込みでは不安で、思い切って気学の先生に初めてメール相談した。同じ本命の先生、弱みが見えてしまうような気がするせいか、お互いあまり近づかない。
ただ、教室の日の服装の色が同じだった事が何度もある。不思議。

派遣先には同期に仕事を始めた社員の女性が2人いる。
対照的なお2人で、ひとりはわたしに通じる空気を持っていそうで、もうひとりは剛の人。とにかく仕事には徹底してきびしい。何ごともきっぱりとしないと気がすまない性質らしい。対照的なもうひとりは脚本を学んでいたとか、夢見がちな穏やかでかわいげのあるおっちょこちょいなタイプ。

その剛の人。自分の持ち場以外の仕事とか、仕事以外の場面では、驚くほど表情も空気感も違う。バカ正直の私は、はじめの頃、そのきつさに速攻の反撃のひとことを口走った。ギャップを目にしたときも、思わず口に出した。なに?その違いは!ふんにゃりして、表情がぜんぜん違うよ、とかなり笑った。

普通なら、失礼な言動か。たまたま昼休みがいっしょだったのでその話題となるが、彼女は嬉しいと言ってくれた。そういう自分を知ってくれる人はあまりいないからと。
以前の職場の上司にはこう言われたそうな。職場で結婚相手を見つけるは無理だろう、と。けれど、彼女にはちゃんと旦那と子供がいる。昼休み、聞き出した。どこで見つけたの?
趣味の世界で見つけたそうな。空を飛びたかったから、と。パラグライダーだって。意外。でも、素敵。そういう人生もありだ。いいなあ。

今夜のうちに、本を数冊注文しよう。決めたら進め。気の向かない仕事でぐずぐすその日暮しで悩み続けるより、気の向いたことをどんどん進めよう。間違いだったとしても、たぶん後悔はしないだろう。
ネットで花屋にも応募した。整体院で占いもやってみようという気持ちになっている今現在。
気を逃すな。

画像


1つの自分発見。ひとりで気楽に水道検針・・・と想像してみて思ったこと。人嫌いでもある私は、それでも人と接していたいという願望を持っているらしい。気楽なひとり行動を思うほど、人と接する事の多い仕事を望んでいる自分に気がつく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック