たぶん、後悔はしない

どこまでが本当で、どこまで虚栄なのかはわからない。
相手にとってもこちらはどんな人物なのか不明だらけ。
今日朝一でお仕事ご依頼者様と顔合わせした。

またまたまたまた・・・・遅刻・・・・もう、病気だと思うことにしたいけど・・・・覚悟の甘さだ。
わたしのだらしなさだ。寝坊でもないのに・・・・
低血圧なのは本当だけど。日中で100以下だから。動きが鈍いのはそのせいもあると言い訳しても遅刻は遅刻だ。相手のみにもなってみろ!と肝に銘じてもいつもいつも・・・・・
おまけに電車も遅れてた。JR、おまえさんとわたしは気が合いそうだね・・・・・

収入の途切れたぷー状態にはいくらかでも現金収入の道はありがたい。
ご依頼者様との話の中で、行方に灯りが見えたけど、今の時点では当てにしないで消極策で頂いた地味な仕事をこつこつやろう。あとは神様の決めたご縁と運と成り行き。お任せするだけ。いずれにしてもかなり先の話。今のことだけがんばる。

自分で決めて自分の意思でがんばる仕事はたとえ1円でも嬉しくて楽しい気持ちでがんばれる。こんな時間でもまだやりたいと思う。一日目だからとも言えるけど・・・
単純データ収集だけど、仕事の進め方やまとめ方その他は自分の頭で考える。
どうしたら役に立つだろうとか、どんな情報ならいいだろうとか、選択もしないといけない。

こつこつとちまちまとやっていたかつての手仕事に近いものもあって、当時のことを思い出す。よく徹夜して仕上げて送った。だけど、晴れた日にはバイクで温泉行って、帰ってからまた徹夜したり、終わった日にはくたくたで真っ赤な目でも達成感で満たされていい気分で朝陽を浴びた。収入は月平均10数万。それでも5万円の部屋で暮らしてた。

ただ、ある程度の収入を得ることに慣れてしまった今、欲に捕われているのも確かだし、マイナスも抱えているから必要額は下げられない。ある時期、一気にふんばってマイナスの穴埋めをしてしまわないといけないんだけど・・・

今日証明写真の出来上がりを待つ間、本屋で気になる本を見つけた。2冊。

  「ナチュラルガーデン―小さな庭に四季をつくる」 水谷昭美 

  「自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本 」 原田 真裕美



たとえ失敗でもいい。好きな事、やりたかったこと、魂が喜ぶこと、向かいたがっている方向へ1歩づつ近づいていけばいい。たとえダメでも、後退したらまたそっちの方を向いていればいい。ただいいなあと憧れの目で見てるだけでも近付いている。その空気に触れてみるだけでも近付いていく。否定して諦めてしまわない限り、少しづつ近付いていく。こだわらなくても向いてしまう方は向いてた方がいい。たとえ実現しなくても、たぶん、後悔はしない。

現時点でわかる事。
ご依頼主様はがんばっている。新しい仕事を立ち上げて、たぶんひとりで大手に対抗してがんばっている。苦しんで楽しんで・・・・たぶん寝る間も惜しんで。休日はサーフィンだそうで、遊びもがんばっている。自分の人生を自分で決めて歩んでいる人だと思う。目が赤かった。遅刻して・・・・すんません・・・・・ご依頼主様も、たとえ失敗しても後悔しない人だろうと思う。

派遣の取りあえず仕事の話を進めている。年末年始に餓死凍死しないため。
先日の2か所目の面接先から、履歴書を送るように電話が入っていた。ダメならダメでいらないでしょうに・・・・履歴書なんて。個人情報だし。何に使うの?取りあえず送るけど。

今夜はこれで終了にしよう。
仕事も。明日の準備だけして。おやすみ。

自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック