カミヒトエ

老化か異常か
病気か気のせいか
人格異常か性格か
正しいのか過ちなのか
プラスなのかマイナスなのか
幸福なのか不幸なのか

例えば人格や病気は医者に行って初めて病名を命名して頂いて決定するから、
命名してもらうまでは、本人次第でどっちにでも解釈できる。
プラスマイナスも幸不幸も、正も誤も、結局自分の思い次第でどっちにでもなる。

保険の件で役所へ行ったついでに、時間つぶしもかねて視界に入った病院へふいに飛び込んだ。健診は全額負担だから、どこか具合が悪いといって診てもらったら・・・・と役所のカウンターの女性がアドバイスをくれたのを素直に実行したのだ。

この収入の切れた時期に・・・・と何度かキャンセルしようかと迷いながら、指示されるまま診察室の前に。
若い整形外科医は仰向けで足を左右に曲げさせたあと、腰のどこかの部分を軽く押したら、股関節がついさっきより曲がるようになっていた。不思議&感動。内心、やはり整体、鍼灸だな・・・と思いつつ、すごいですね、と褒め称えた。

費用をとても心配しながらレントゲンを6枚も撮られた。
若い整形外科医はなんだか嬉しそうにレントゲンの結果を告げた。
なんとかすべり症と命名された。背骨の腰のあたりがずれていた。
ストレスとか気のせいとか、筋の問題ではない事がはっきりした。

対策はコルセットと、最悪金具で骨を留めるとか言ってた。やだ。金属を身体に入れるの。
でも、原因がはっきりしたから、やっぱりどこか気分はすっきりした。
過去の無茶、老化、因果応報。

友人と、馴染みの街をたっぷり歩いた。
ネットカフェで仕事探しをしたけれど、座り心地悪いは、仕事の希望は見えないは、特別情報は得られず。ご飯たっぷり食べて、歩いて歩いて、無駄話、悩み話、今後の対策話、等々語り合い。節約が必須のひとり暮らしどうし、こういう時間をしばらく持たずに暮らしてきた友人。
たまにはいいという思いが財布の紐を緩める。

私には危機感が無い。掛けっぷちのはずなんだけど。知っているからこそ、意識の外へ追いやっている。先の事も明日のことさえ計画、想像もできず。現実逃避の毎日。出費もかなり。本当の危機へ突入なのか、あるいは思いもしないチャンスへ向かっているのか。それもカミヒトエ。

体の異常を知る事も、どうにもならない問題を知る事も、悪い事ばかりではない。
決め兼ねている選択肢が絞られていくわけで、道がはっきりしてくる可能性や、
腰が砕けて命が終わってもかまわないと思えるほどの道がくっきり見えてしまう可能性もある。

そうでもないと、人の多くは本当に大事なものが何かわからない。
失ってからはじめてわかったりする。そうなる前に気がつければいいんだけど。
ちょっと疲れたなあ・・・・長期的にひたすら休養だけしたいような気もするなあ。

もうひとつ。
思っていることはいつか実現する。
もう数ヶ月前から行こうと思っていた医者へ行った。
計画というきっちりしたものが無くても、そうしたいとずっと思っていることは、
たぶん、ほとんど実現する。
だから、悪い想像は記憶しないようにしないと。

明日も友人に会う。
耳が原因不明の病とのこと。
気学で少し見てみようと思っている。
眠ろう・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック