知らない事を知っていた頃の日本人は素敵だ & 電気風呂と銀河

いいなあ。
日本人の、精神世界?っていうのかな。
TVで陰陽師を見ている。

静と動とが穏やかに交じり合ったりくっきりしたり。
現代に作られた物語だとしても、
身のこなし、人との関係、暮らし、言葉、こころ、魂、音、いろんな面が美しい。

見えないものを一生懸命人の目に見えるかたちとして表現しようとしていた?時代。
わからない世界がたくさんあるということを知っていた時代。
神々と人とがまだずっと近いところで生きていた時代。
現代よりずっと、知らない事を知っていた。

日本人である事を忘れたくないなあと。
昔の公家や武家という特別な世界のことであるとはいえ、素直にいいなあと思える、
物語に描かれている文化の生まれた国の人間としては
そういう日本的な部分を失わない日本人でいたいなあと思うのでした。

横溝正史シリーズも大好きだ。
映画もTVも小説も見たし読んだし。
あの湿った物悲しさ、日本人独特の薄暗い世界がなんとなく好きだった。
昔の日本人が平家物語を聞いて涙したのとどこか通じるような気がする。

ちなみに私は今でも源平の物語を見ると無意識に涙が流れる。
前世に何かつながりがあるのかもしれない。

この夏は「陰陽師」を読もうかな。

おまけ・・・
ぐるぐるまわってできるもの・・・
わたあめ・銀河・たこやき・エンジン動力・ドライブ中の車輪・レコードの音楽・トンビの宙返り・ツバメ返し・台風・地球・リスの遊び・陶磁器・トラのバター・・・・あと思いつかない・・・
もひとつ、人間も?

人間の頭につむじがあるのは、人間もぐるぐる回ってできあがるからか?
子宮の中で高速回転かなんかしてるんじゃないか?

ついで・・・
昨日入ってきた温泉の電気風呂は強力だった。
腰の左右から電気がグワーっと身体を刺激して、身体の自由が利かなくなる。
両足のモモがあっちこっちに離れていこうとするし、
両手の指はゾンビのようにばらばらの方向に醜く折れ曲がって固まるし。
身体全体が歪んでねじれていく感じ。

ねじれてしまっている状態を正常に戻そうとしているのか?
銀河の謎はもしかして、そんなところから解明されたりなんかして・・・・こわい・・・

いずれにしても、泡吹いたりどうにかなっちゃいそうなお風呂だ。
その危機感が気持ちいい・・・・常連のわたしではあるけれど。
コピー作ってみました。
「電気風呂でわたしは銀河になる」
                ・・・・・・・・・・・・・・・・・

笛と琵琶の音を聞きながら、時には眠ってみたいものです。
が、今夜は↓。


ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック