もうひとつのせかい・あいまいなもの・神輿の不思議

ゲドが電車の中にいる。
とは言ってもポスターのこと。
何かを語っている文章が添えられているが、離れていて読めない。

ゲド戦記は言葉ですべてを語ってしまっているとゴローちゃんの解説で知ったけど、
もしかしたら、映像と音楽と物語と言葉とそのすべてを総動員させないと
わかりにくい、誰も気がついていない、あるいはすっかり忘れてしまっている、
もう1つのせかいのことを語ろうとしてるのか?
とポスターを見ながらふと思った。けど、見ないことには何も言えない。
                    ∞
夜の空を飛ぶ飛行機のぼやけた光を見て思った。
空が霞んでいる。
靄、霧、霞、もやもやした視界のはっきりしない状態をあらわす言葉の違いは何だろう。
何度か過去にも調べた事があるけど、はっきりしないまま忘れてしまう。
また調べてみたけど、やはりはっきり理解できない。
                    ∞
過去数度神輿を担いだ事がある。
行きつけの店に神輿フリークの人がいたことと、一生のうち一度くらい経験してみてもいいか、という軽い気持ちから。

一度だけ不思議な体験をした。
大抵は、重い、痛い、暑い、でもなんだか楽しい・・・・そんな感じで担いでは抜け、抜けてはまたもぐりこみ、ひとり抜けると無意識に飛び込んで、頼まれてもいないのに、女だからぶら下がるとか、担いでいるふりだけでいいらしいのに・・・本気で担いだりしていた。

たった一度、東京のとある大きな神社の神輿を担ぎに行った時のこと。
担ぎ方や掛け声や足の運びなどには地方、地域によって違いがあり、
その日もしっくりこないまま、しばらく男性の多い継ぎ手に混じって神輿を担いでいた。

そのうち、動きや掛け声に意識せずに合わせられるようになり、
一瞬すべてがしっくりと一致した。担ぎ手の動き、神輿と人間、声。
その瞬間から、重さをいっさい感じなくなり、かけ声は一つになって渦を巻いて天に昇っていくように、脳天の遥か上空から聞こえてくるようだった。
人間が動いているのではなくて、何か大きな力に動かされているかのように。
そのとき意識は別の世界にいた。

ついでだからネットで調べてみた。
神輿を揺さぶるのは、神の魂を揺さぶって活性化させるため と出ていた。
何ごとも、揺さぶって活性化だな。
                    ∞
海が吼えているのが聞こえる。

また、眠くなったから、おしまい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック