5月の風はきれい 夕べ知った悲しい海の話

昨日、半年振りに友人に会いに行った。
派遣仕事に疲れ果て、紹介に応じられないまま数ヶ月を過ごしている。
貯えをちゃんとしているタイプだとしてもいろいろ節約を強いられる生活に違いなく、
何か少しでも助けになれば・・・・と気晴らし兼ねて遊びに行った。

99円ショップを上手に利用して、ランチにホットケーキを作ってくれた。
偶然にも数日前から食べたかったホットケーキ、とてもおいしかった。
午後、近くの商店街に散歩に行った。
外に出るより、部屋で読書や睡眠を好む友人を
太陽の光恋しくて、用事そっちのけで外に出たがる私は連れ出した。

初めての街でいろんな物を観察しながら
缶ビール2本と金歯の親父がニタニタ笑うラベルの着いたテキーラとライムジュースの飲み物を一本買ってみた。薄いグリーンの飲み物の入ったそのビンは、何か幸せを感じさせてくれた。甘くておいしかった。
夕飯は二人で作った節約マーボー豆腐と麦入りご飯とにんじんスープ。そして会話。
おいしくて楽しかった。

計画的ではないと言ったら嘘になる・・・・地震への備えも兼ねて、お泊りセットを持ち歩いていた・・・村上龍が絵本「シールド」について語っているTV番組とオーラの泉の録画を見せてもらい、夕べ放送分のオーラの泉も見て、だらだらと泊めてもらうことになった。

若い頃の私の日常生活。
ちょっと遊びに行くと言ってはそのままズルズルと数日居座り、友人や親戚を渡り歩いてはおいしくご飯をご馳走になり、ぐっすり眠る。そんなことをちょくちょくやっていた。

友人の暮らすマンションの隣には通勤とは縁の無い、素性不明の中年男性が暮らし、
尋ねていった私も晴れてフリーの身となったばかり。
社会現象真っ只中の人種がそこここに溢れている。

地元の店の惣菜と人が並ぶおにぎり屋のおにぎりと巨大おはぎを朝食のために買って来た。
気持ちのいい五月の風が吹く、すがすがしい太陽の光が満ちた一日が見慣れない商店街に始まっていた。

夕べ見たオーラの泉で知ったこと。
ある話題のモデルの恋人が海で亡くなったという話。
この街の海で、もしかしたら私もすれちがっていたかもしれない。

彼女と彼の出会いは「見送り」の意味があったとかなんとか。
この世を去る運命の人に出会って、この世での最後の幸せや楽しみの時を過ごし、去り行く最後の姿を見守る役目を与えられた人。
船長との出会いが私にとってまさにそうであったから、理解できた。

彼女が海や自然に惹かれていくのは、
海や自然は嘘をつかないからだとも霊視する人は言った。
そうだよ、まったく私も同感した。涙まで出た。

水清ければ魚棲まず とも言われてた。
だけど、許していいこととぜったい許してはいけないことはやっぱりあると思う。
みつけたよ。
水清ければ月宿る ですって。
どっちにころんでも間違いない。
日本の文化は柔軟でとてもよろしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック