1人ではいられない週末 2人飯 / 傷の舐め合い けものの場合

1人でいるのがつらくなった。
やばいから、おばの家へ行った。
おばもひとり娘が好きな男との暮らしを選んで家を出てから
ひとり飯暮らし。
この町から電車で2時間。交通費往復2000円くらい。
手作りご飯をごちになりに行くには遠い。
外食りっぱにできてしまう。
でも、行った。
2人でおばの手作りご飯を食べた。
思いを語り合った。
おばもまた、人生につまづいて、心弱っていた。
弱っているもの同士慰めあってもしょうがない・・・・ともいえない。
少しでも、力にはなる。

傷の舐め合いは人間の場合、良い意味では使われない。
弱いもの同士の愚痴りあい、情けない響きがある。
だけど、けものの場合はそうじゃない。

飼い犬やネコが人間の家族の傷をひたすら舐めたり
泣いている時、落ち込んでいる時
頼んでもいないのに傍に寄り添って顔を見上げていたり
それは、けものの命存続の本能だと思う。
群れの中、仲間の中に弱ったものがいるということは
群れや種の危機に繋がる一大事だから
早く元気にしてやらないといけないのだ。
だから、舐めたり、癒したり、そういう能力を持っているのだろう。

優しいから、なんて甘っちょろいもんじゃない。
生命を存続させるための能力だ。
だから、人間もそうあってもいいんじゃないの。
けものが舐めた傷は薬を塗るより治りが早いよ。
自分で届かない傷は仲間に舐めてもらえるといいんだ。きっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

おっことぬしおつかい
2006年04月28日 01:17
いのししのかわをかぶった人間たちだ
気をつけろ

この記事へのトラックバック